Pocket

f:id:stellacafe7:20170803122839j:plain

子育てと仕事を両立するうえで在宅ワークというのはとても魅力的な働き方です。

在宅ワークなら、

・子どもが風邪を引いても誰に気を使うことなく看病ができる

・保育園のお迎え時間を気にしながら残業する必要がない。

・小学校に上がった時も、家で子どもの帰りを待ってあげることができる。

これらが可能になります。

なので私も現在、在宅ワーク一本になることを目標にコツコツと努力している最中です。

ただ在宅ワークには在宅ワークのデメリットがあるので子育てと仕事の両立をする際は注意が必要です。

今回は現在私が取り組んでいる在宅ワークの話をはじめ、

・在宅ワークの種類

・在宅ワークのデメリット

・子育てと在宅ワークを両立するコツをご紹介します。

これから子育てしながら在宅ワークをしたいという方はぜひ参考にしてください。

 在宅ワークの種類と仕事の見つけ方

在宅ワークには様々な種類があるので、あなたに合ったものを選びましょう。
【スポンサーリンク】


クラウドソーシング

クラウドソーシングとは企業や個人がネット上で不特定多数に向けて業務委託をしているサービスです。

クラウドソーシングの会社に登録することで、様々な仕事の案件を見ることができ、その案件の中からあなたが受けたいと思った仕事に応募することで仕事を受けることができます。

業務のやりとりはすべてメールで行えるため、家から出る必要はありません。

ネット環境とパソコンがあればだれでもできます。

業務内容には、

・事務作業

・データ入力

・記事のライティング

・プログラミング

・イラスト作成

・ロゴデザイン

・アンケートに答える

など様々で、経験不問のものもあれば過去の経験を活かすことのできる業務もあります。

報酬は専門的な技術を要するものほど高くなりますが、委託側と交渉することもできます。

クラウドソーシングを行っている会社は沢山ありますが、CMでもおなじみココナラ なら先ほど紹介した仕事以外にも、育児相談や占いなどあなたの経験や特技を出品することができます。

あなたの特技を生かした働き方がしたい場合はココナラ ならできます。

またクラウドソーシングの多くが成果報酬型ですが、【ママワークス】 なら時給制の仕事も探すことができます。

特技や専門的な知識がない場合は成果報酬型の仕事ではなかなか利益になりにくいのが現状なので「私には特技がない」と思われている方は【ママワークス】 に登録するといいでしょう。

ブログ・アフィリエイト

最近は副業としてもブログでお金を稼ぐ人が増えています。

自分でブログを開設してそこに広告を貼り、その広告の商品をだれかが購入すれば報酬が発生するというのがブログで収入を得る仕組みです。

こちらもネット環境とパソコンがあれば自宅でできます。

アクセスが集まれば集まるほど収入がどんどん増えていくので、主婦の人でも月に何十万、何百万円と稼いでいる人がいます。

しかしブログでお金を稼ぐというのは簡単なことではありません。

実際にブログをしている人の95%が月5000円以上稼ぐことができていません。

実は私もこのブログによる収入を増やして、在宅ワークに切り替えることを目標にしています。

ブログで看護師の収入と同じだけ稼げるようになったら在宅に移行する予定ですが、なかなか道のりは長いです(*_*;

ブログによる収入を目指す場合はそのことも念頭に置いておく必要があります。

投資関連

株やFX、仮想通貨の売買によって収入を得るという方法もあります。

株もFXも仮想通貨も利益が発生する仕組みは一緒で、安い価格の時に購入し値上がりしたら売るという方法でお金を稼ぎます。

これらも月に何十万、何百万円と稼いでいる主婦がいますが、投資関連の稼ぎ方はリスクが伴います。

そのため、

・余裕のある資金で行うこと

・投資に関する知識をしっかりつけること

・損切りする覚悟があること

これらが必須になります。

私もたまにめぼしい株があったら買いますが、過去最高利益は月7万円です。

月7万円と聞くと大きく聞こえますが、毎月このような利益があるわけではありませんし、所有している株の中には元本割れしている株もあるので、全然安定収入といえません。

ブログにしろ投資関連にしろ私の勉強不足といわれればそれまでなのですが、いずれにせよ初心者がなんとなく初めて簡単に稼げる世界ではないのは確かです。

なので夢をみて一攫千金を狙うというようなことはしないようにしましょう。
【スポンサーリンク】


 在宅ワークのデメリット

子育てとの両立がしやすく魅力的な在宅ワークですが、デメリットもあります。

そのため在宅ワークを開始後、「こんなはずじゃなかった」とならないためにもデメリットについて知っておきましょう。

保育園入所の点数が低くなる

自治体によっては在宅ワークの場合は保育園の入所希望の点数が、他のママと比べて低くなる場合があります。

そのため子どもを保育園に預けたい場合は、役所で点数のことも確認しておきましょう。

もし子どもを保育園に預けることができずに、自分で子どもを見ながら在宅ワークをする場合はかなり大変です。

私も現在3歳と0歳の子どもを育てながら在宅でお小遣い稼ぎをしていますが、思うように作業が進みません。

平日は3歳の娘は保育園に行っているので比較的作業しやすいのですが、3歳の娘が家にいる間は30分も集中してすることができません(;´Д`)

また0歳の息子も最近はハイハイが盛になり、そこらへんのモノを触っては口に入れるので目が離せなくなってきました。

そのため一日の作業時間がかなり短くなってしまっています。

子育てと仕事のメリハリがつきにくい

在宅ワークの場合、子育てと仕事のメリハリがつきにくいので、逆に子育てがおろそかになってしまう場合があります。

私もこのブログのデザインを触っているときに、娘に邪魔をされる時があるのですが、3歳の子は「待って」と言って素直に待てる年齢ではありません。

「ママ、ママ、こっち見てよ!」「ママ、ララちゃんもパソコンしたいねん」と言っては妨害をしてきます。

このような時に「カチーンっ」ってなって怒ってしまうんですよね。

このように子育てを優先したくて在宅ワークをしているのに、時に本末転倒になってしまう場合があります。

収入の保証はない

在宅ワークの場合、フリーランスとして働くことが多いのですが、そのような場合は成果報酬型になるため基本給○○円、時給○○円、という保証はありません。

旦那の扶養から外れたら自分で社会保険に加入しないといけない

フリーランスの場合収入が高くなると旦那の扶養から外れることになるのですが、収入が不安定な中、自分で国民年金、健康保険に加入し、税金も納めていかなくてはいけません。

また在宅ワークの場合は38万円の収入を超えると、夫の扶養から外れ確定申告が必要になります。

☟詳しくはこちらの記事をご覧ください。

子育てと在宅ワークを両立するコツ

子どもの寝ている時間を活用する

子どもが小さい間は子どもが起きている時間の作業は不可能だと割り切った方がいいです。

0歳の息子も生後間もない時はほとんど寝ているだけだったので、作業時間を確保することができましたが、今は起きている時間も長くなりハイハイやつかまり立ちをするので作業する時間の確保が難しくなりました。

なので昼間の息子が昼寝している時間と、夜子ども達が寝静まった時間を活用して作業しています。

子どもと関わる時間はきちんと確保する

在宅ワークの場合、仕事と子育てのメリハリがつきにくいのですが、このメリハリはしっかりつけるようにしましょう。

子どもと同じ家の中にいたとしても、子どもからするとママがずっと作業しているというのは寂しいものです。

だから構ってほしくて作業中のママにいっぱい話しかけてきます。

そのような中でも作業を続けようとすると、ママもイライラしてくるし、子どもも寂しい思いをするので、子どもと関わる時間はきちんと確保して子育てと仕事のメリハリをしっかりつけるようにしましょう。

収入源を複数作る

フリーランスは収入が不安定になるので、複数の収入源を確保しておくことが大切です。

なぜ不安定になるかというと、いつも決まった会社からの委託で月5万円稼いでいたとしても、急に打ち切られるということが普通に起こるからです。

そうなるとその月からは収入は0円になります。

このような非常事態を避けるためにも、収入源を複数持っておく必要があるのです。

いくつかの収入源があれば、どれか一つ打ち切りになっても収入がゼロになることはありません。

クラウドワークスでライターの収入を得ながら、自分でもブログを開設して収入を得るといった方法なども挙げられます。

ちなみに私はブログの収入と、不動産投資の家賃収入と時々株の売買益でお金を稼いでいます。
【スポンサーリンク】


さいごに

在宅ワークには色んな種類がありますので、あなたの特技を活かせるもの、あなたのライフスタイルにあったものを見つけましょう。

また子育てしながらの在宅ワークは、職場で働くのとは違ったデメリットもありますので、そのあたりも考慮しながら上手に両立していくようにしましょう。

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket