Pocket

これから職場復帰を予定している人にとっては、職場が自分を受け入れてくれるのかというのは大きな不安材料ですよね?

よく「ワーママはすぐ休むし、残業できないから迷惑」という言葉を耳にしますし、ワーママは社会の嫌われ者という印象もあります。

私もそのような印象を持っていたので職場復帰時の時はとても不安でした。

だけど復帰した時、周囲の人は単に「すぐ休むから」「残業できないから」ワーママが嫌いなのではなく、ワーママが嫌いな本当の理由はもっと違うところにあるということに気づきました。

そしてワーママが嫌われる本当の理由を理解していれば、あなたは職場の人に嫌われる心配はありません。

ここでは、

・なぜワーママが職場で嫌われ者になるのか。

・ワーママが同僚と上手に付き合っていくには、どのように振舞ったらよいのか

この2点について説明していきます。

この方法を駆使して、復帰後はのびのびと楽しく働いてくださいね!

ワーママが職場で嫌われている本当の理由

ワーママが嫌われる理由としてすぐに仕事を休む、残業できないといったことが原因と思われがちですが、本当の理由はもっと違うところにあります。

だから実際の職場では同じワーママでもみんなに好かれている人と嫌われる人に分かれているのです。

では、みんなに好かれているワーママとみんなに嫌われるワーママの違いは何なのかというと、日頃の態度や姿勢の違いです。

嫌われるワーママは仕事を休む、残業できないから嫌われるのではなく、仕事を休む、残業できない時の態度に問題があるから嫌われるというのが本当のところです。

ワーママのどのような態度が嫌がられるのかを説明していきますね。

「当たり前でしょ」という態度

残業できないこと、急に休まないといけなくなったことに対して「時短なんだから残業しないのは当たり前」「子どもが風邪なんだから仕方ない」という態度は周囲をイライラさせます。

本当は多くの社員が残業できないこと、子どもの風邪で休むことは「仕方ない」と理解してくれています。

ただその時にワーママが「当たり前」という態度を出したり、「すみません」の一言がなかったりする場合に周囲の人から「何様なの?」といった不満がでてくるのです。

そのため「時短という約束だから」とか「子どもの風邪だから」という理由は関係なく、周囲に迷惑をかけているということに対して「すみません」「いつもありがとうございます」という態度と言葉かけを心がける必要があるのです。

そう考えるとみんなが忙しくしている中、定時になったからといって笑顔で「お先です」といって、職場を後にするのも避ける方が無難といえるでしょう。

もちろんあなたが会社にも認められた上で時短を使っているのは分かっています。

しかし、それでも周囲の人からすると、自分が大変な思いをしている時に涼しい顔をして先に帰っていく人を見るというのは、気持ちがいいものではありません。

そのため、何かストレスがたまるようなことがあると「あの人はいいよね」と、やっかみの対象になってしまうリスクが高くなるのです。

とくに人員不足により周囲に負担がかかってしまっている時は要注意。

そのような状況になると「あの人が時短制度を使っているせいで、私たちに負担がきているんだ」という発想をする人が出てくる場合もあります。

また、男性よりも女性の方が「自分よりも恵まれている」と感じた人に対して嫉妬心を抱きやすいということも忘れてはいけません。

女性は他人が自分よりも楽な業務をしている、特別扱いされているということに対して敏感です。

そのような自分との差を素早く察知し、「あの人だけずるい!」という噂を流したりします。

ワーママがこのような対人トラブルを避けるためにも、常に謙虚さを忘れてはいけません。

絶対に「当たり前」「仕方ない」というような態度を出してはいけませんし、ましてや「あなたも子どもができたら分かるわよ」なんてことを言ってはいけないのです。

常に「助けていただきありがとうございます」という気持ちを忘れないようにしましょう。

また仕事の引継ぎを依頼しないといけないときも丁寧にお願いし、絶対にお詫びの言葉を忘れてはいけません。

女の職場は嫉妬がうごめく怖い世界!平穏に過ごすための5原則を徹底解析!

「なんで私が・・・」という深層心理

嫌われるワーママに共通しているのが言葉に出さずとも「なんで私がこんなことしないといけないの?」という思いを持っている点です。

これは私の体験談なのですが、私が職場復帰した当初病棟はフルタイムvs時短・パートというような構図ができあがっていました。

パートの私がいる近くで「来月から来る人フルタイムやねんて。良かったー」という会話がなされるくらい時短とパートは嫌われていました。

そのことに対して私は当初「やっぱり時短・パートは嫌われやすいんだな。」と受け止めていたのですが、時間とともにみんなの性格や人間関係が分かってくると、

・パートでもみんなに好かれている人がいる

・嫌われている時短・パートにはある共通点がある

ということに気づきました。

嫌われている時短・パートの人はフルタイムの人の前では声に出さないけど「なんで時短(パート)の私がここまでいないといけないの?」という不満を持っていたのです。

本人たちは自覚がなさそうでしたが、担当患者の振り分けで重症な患者をふられたり、急な入院が入ったりした時などに、どことなしかそのような深層心理が態度に出ていました。

そのため返事のトーンやフットワークの軽さなどちょっとした態度の違いが周囲に伝わっていたんだと思います。

そしてみんなから好かれていたパートの人は「自分はパートだから」というような発言や態度はとらず何でも積極的に動いていました。

勤務時間中、真面目に一生懸命仕事をすることで周囲の見る目は変わります。

そのためみんなに好かれているパートの人は定時を過ぎると「時間大丈夫?帰れる?」と周囲の人から声を掛けてもらいました。

周囲に受け入れてもらいたいなら、「なんで私が・・・」という気持ちを持ってはいけません。

勤務時間内ですべき仕事を一生懸命こなし、積極的に取り組むことで周囲のあなたを見る目は確実に変わってきますよ。


【スポンサーリンク】


 業務の変更に対する柔軟性がない

育休中に変更された業務内容に関しては素直な気持ちで受け入れるようにしましょう。

一年間育休をとった場合、産休に入る前と復帰後では色んな業務手順が変わっている場合があります。

この業務の変更に対して「前はこうだったのに」「前の方が効率良いやん」といった文句をいうと煙たがれます。

業務手順が変わったのにはそれに至るまでのプロセスがあり、当事者たちが試行錯誤して考えた方法だということを忘れてはいけません。

そのことに気づかず文句を言っていると、「何も知らんくせに」と不満を持たれます。

【子育てママのための仕事探し】ママが働きやすい職場の条件教えます

気を付けて!特に周囲の人から嫌われやすい言動

特にワーママが周囲に嫌われやすい言動として、

・子どもの話ばかりする。

・休んだことを開き直る

・低評価を受けた時に、環境のせいにする

・「子どもがいない人には分からない」と言ってくる

・シフトの場合、休み希望の数が多すぎる

といったものがあります。

働くママにとっては自分の子どもがかわいいので、わが子の話をするのは楽しいかもしれませんが、周囲の人からすると興味のない話です。

とくに子どもがいない人にとっては、共感できる話でもないので面白みを感じられるものではありません。

また普段から「子どもがいる」を理由に迷惑をかけられていると感じている人なら、なおのこと子どもの話など聞きたいと思っていません。

このように聞き手によっては、子どもの話を嫌がられる場合があるので注意しましょう。

また休んだことに対して「子どもが熱出たんだから仕方ない」と開き直られることも周囲の人からすると気分の悪いものです。

周囲の人も「子どもの熱は仕方がない」というのは十分承知しています。

しかしワーママの休みによって迷惑をかけられているのは事実なので、そこにお詫びの一つもない場合、大きな不満を抱えるようになるのです。

他にもワーママはどうしても残業できず、休みも多いため職場で低評価をくらう場合がありますが、そのような時に「残業できないのは仕方ないことなのに、それで低評価なんてひどい」など不平不満をいうことも避けましょう。

特に納得いかないことがあった時に「子どものいない人には分からない」というような言い方は絶対にしてはいけません。

周りのみんなは日頃からあなたのフォローをしている側の人間なので、そのような愚痴を聞くといい気持ちはしません。

むしろ「いつも協力しているのに文句しか出てこないなら、もう協力したくない」という気持ちにもさせてしまいます。

これらのような言動は、客観的にみると「そんなこと言ったら嫌われるに決まってるじゃん」と思うですが、実際はこれらの地雷を踏んでしまっているワーママが非常に多いのです。

やはり心に余裕がなくなると自分だけが大変な気持ちになったり、周囲に理解してもらえないことにいら立ちを感じたりしやすく、そのような時にポロっと口走ってしまうのです。

そのため、あなたも心に余裕がない時こそ冷静になり、周囲の人の反感をかうような言動は避けるように注意しましょう。

偉そうと言われる人の11の特徴!無意識の言動があなたの評価を下げる

ワーママが同僚と上手く付き合う7つの法則

前章ではワーママのどのような態度が嫌がられるのかという話をしました。

次はみんなに受け入れてもらうための具体的な対応について説明していきます

謙虚な姿勢を忘れない

謙虚な姿勢というのは誰からも好感を持たれますよね。

また好感を持っている相手に対して「手伝ってあげたい」と思うのが人間です。

ワーママは残業できない、子どもの風邪で休まないといけないなど、どうしても周囲に協力を得ないといけない場面がでてきます。

そのような時に「みんな分かってくれてるだろう」なんて、勝手に解釈してはいけません。

人間関係では、片方の人間が一方的に「分かってくれるだろう」と期待した時に亀裂が生じます。

相手はあなたの細かい事情まで知りません。

あなたの子どもがイヤイヤ期で大変だろうと、両方の親が遠方で支援を受けれなかろうと、周囲の人間は具体的なあなたの大変さを知ることはできないのです。

だからあなたの「分かってくれるだろう」だって伝わるわけがありません。

あなたが「私が大変なのはみんな分かってくれるだろう」と期待して、周囲に何の挨拶もなく早退してしまうと、周囲の人間からすると「早退するのを当たり前とでも思っているの?」となってしまうのです。

立場の違う者同士というのは、分かり合えないのが当たり前だと受け止め、迷惑をかける時、助けてもらわないといけない時は、きちんと「ありがとうございます」「すみません」の一言を忘れないようにしましょう。

このように常日頃から謙虚な姿勢を心がけ、周囲の人と信頼関係を築く努力をしておきましょう。

こちらの記事では職場の人間関係に行き詰った時に、どうすればうまく乗り切ることができるかを解説しています。

職場の人間関係のストレスで心が悲鳴をあげても立ち直れる7つの方法

子育てしながら働くママは、職場の人とのやりとりでストレスを抱えることが増えます。

そのため事前にストレスのたまらない人間関係の作り方を知っておくこともストレスをためないようにするためのコツといえます。

ママは大変アピールをしない

やりがちなのが【ママは大変】アピールです。

周囲に理解してもらいたいという思いから、子育てが大変だという話をする人がいますが、周囲からすると「だから何?」という気持ちになってしまうんです。

とくに「子どもがいたら自分の時間が全然とれない!むっちゃ疲れる」という話を延々とされると、周囲の人にとっては協力を要請されているような気持ちになってくるので、聞いてて疲れてくるんですね。

そのため子育てに関するグチは職場では言わないようにしましょう。

こちらの記事では仕事と子育ての両立を上手くこなすための方法を紹介しています。

子育てと仕事の両立は大変すぎる!働く女性の負担を減らす9つの方法

ワーママは家事も育児も仕事もこなさなくてはいけないので、本当に大変です。

そのため誰かに愚痴を言いたくなったり、誰かに自分の頑張りを認めてもらいたくなる時もあります。

そうじゃないと自分の心が持たないくらい精神的に辛い時って絶対にやってくるんです。

その時に上手にストレスと付き合っていける自分になるためにも、ワーママの負担を負担を減らす工夫をしていきましょう。

子育てと仕事の両立は大変すぎる!働く女性の負担を減らす9つの方法

子どもの熱で休んだ時もみんなに一言かけよう

もし子どもの風邪で休んでしまったときは、次回出勤した際にみんなに一言かけるようにしましょう。

「昨日はすみませんでした。」の一言があるかないかで、周囲の受け取り方は全く異なります。

あなた自身が申し訳ないと思っていたとしても、仕事を休んだ後に一言もなければ周囲の人からは「なんか当たり前って思ってそう」と誤解されかねません。

そのため仕事をやむなく休んだ際は、次回出勤時にお詫びの言葉をいうようにしましょう。


【スポンサーリンク】


新人になったつもりで業務をする

今までのキャリアやプライドは一旦置いておいて、新人になったつもりで仕事をしましょう。

育休で一年間休むと業務や人間関係など色んなことが変わっています。

様々な変わったことに対して上手に適応していくためには、あなた自身が過去のやり方を一旦リセットし、一から覚えていこうという姿勢が大事になってきます。

また今までのやり方やキャリアに固執すると、周囲から扱いづらいというレッテルをはられかねません。

ここでもやはり謙虚な姿勢というのが好まれますので注意しましょう。

職場の先輩に好かれる人の共通点!マネするだけで愛される9つの方法

自分のやるべきことをコツコツ積み重ねる

ワーママが周囲に受け入れてもらうために一番大事なことは、とにかく目の前の仕事をコツコツこなすということです。

いつも一生懸命な人に対して「まぁ仕方ないか」と多少のことに目をつむった経験はありませんか?

逆に文句ばかり言って全然動かない人に対しては、ちょっとのことでもムカついたりしますよね。

人というのは相手の普段の行いによって同じミスでも全く違うように受け取ってしまうものなのです。

そのため常日頃から文句をいわず真面目に仕事をしていたら、たとえ残業できなくてもそこまで不満を持たれることはありません。

【子育てママのための仕事探し】ママが働きやすい職場の条件教えます

人のかゆい所に手を届ける

残業できない、急な休みがあるという点で迷惑をかけてしまう分、勤務時間中だけでも周囲への気配りを頑張りましょう。

相手のかゆいところにサッと手を届けてあげるのです。

これは決して難しいことではなく、相手のデスクにゴミらしきものがあったら「これ捨てとこうか?」と声をかける、その程度のことで十分です。

他にも、もしコピー機の使用が重なってしまった時「〇〇さんのも一緒にコピーしとくから、他のことしてきていいよ。」というような対応もあげられます。

このような小さな気配りならそこまで時間をとることもないので、残業ができないワーママでも問題なく行えます。

このようにして周囲の人と普段からコミュニケーションをとり、またgive&takeの関係を作ることはあなた自身の働きやすさに直結しますよ。
【スポンサーリンク】


自分の生産性を上げる

私自身がワーママとしてみんなに受け入れてもらうために頑張っているのが「自分の生産性をあげる」というものです。

自分の生産性があがると、おのずと周囲の人が自分を認めてくれるようになります。

また自分の生産性があがれば残業しないといけないという状況を減らすことも可能になるので一石二鳥なんです。

業務の工夫や時間の使い方を考えて仕事を効率化させていくと、他の人が30分かかる業務をあなたは15分で終わらせられるようになります。

そうなると周囲の人から「凄い!」と言われるようになり、戦力として認めてもらえるようになりますよ。

戦力と認めてもらえるようになって初めて対等に話ができるので、職場でも肩身の狭い思いをしなくてすみます。

そして残業できなくても誰も何も言わなくなります。

生産性をあげるためのワンポイントアドバイス

仕事の生産性をあげるためには、仕事に取り掛かる前にこの仕事を何分で終わらせるか自分にデッドラインをひいておくといいですよ。

パーキンソンの法則といって、人は与えられた時間すべてを使ってしまうという特徴があります。

たとえばAという仕事を30分以内にするように言われたら30分かかるのですが、同じAという仕事を10分以内にするようにいわれたら10分でできてしまうんです。

なので自分に時間制限を設けることで必然的に仕事の効率はあがるのです。

逆に自分に時間制限を設定せずに、目の前の仕事をやっているだけでは無意識のうちに時間の無駄遣いをしてしまっています。

生産性をあげることは決して難しいことではなく、このように時間の使い方を知っているかどうかの違いで格段に能力をあげることができるのです。

そして実際に仕事が早い人というのは、このような時間の使い方が上手なんです。

他にも生産性をあげるための時間の使い方というのは沢山あります。

以下の記事で仕事を効率化する方法を多数紹介しているので、合わせてお読みください(*^-^*)

ワーママがここまで頑張る意味って何?

これまでの文章を読んだあなたはもしかすると、

「なんでここまで頑張らなきゃいけないの?」

「どうして私がここまで下手にでないといけないの?」

と思われたかもしれませんね。

ただ、ここで言いたいのは、ワーママだからこのように振舞わないといけないというのはでありません。

これまで説明してきた内容は、ワーママ関係なく全ての人において人から好かれるための条件なんです。

そして人から好かれることができれば、仕事というのはとてもやりやすくなります。

同僚から好かれれば、

・残業や子供の熱で休んでも「仕方ないね」と言ってもらえます。

・定時が過ぎたら、同僚の方から「大丈夫?帰った方がいいんじゃない?」と声をかけてくれるようになります。

このように同僚と良好な人間関係が築けたら、職場での立ち位置が大きく変わるんです。

あなたが謙虚な姿勢で周囲への配慮を忘れなければ、かならずあなたの元へ好意として返ってきます。

みんなに受け入れてもらえるまで、ちょっとしんどいと思いますが、立ち振る舞いに注意していきましょう。

またママの働きやすさというのは職場選びも重要です。

やはりこちらがどんなに努力しても理解してくれない上司、同僚が存在する場合があります。

そのような場合は転職も一つの方法といえるでしょう。

こちらの記事では、ママが働きやすい職場の探し方について解説しています。

【子育てママのための仕事探し】ママが働きやすい職場の条件教えます

職場の人間関係が辛い!理解が得られない!という悩みを持っている場合は、転職してしまうことで簡単に解決できる場合があります。

子育てママに理解のある職場の場合、子供の熱などで休んでも何の文句も言われません。

むしろ「お子さん、大丈夫?」と気にかけてくれる人が沢山います。

そのような環境で働くことで、あなたのストレスを激減させることができますよ!

【子育てママのための仕事探し】ママが働きやすい職場の条件教えます

さいごに

ワーママが嫌われるのは残業ができない、急に休むということが理由ではありません。

日頃の態度や姿勢によって受け入れてもらえていないというのが本当の理由です。

そのため日頃から謙虚な姿勢や周囲への気配りを心がけることで、残業できない・急に休むという状況でも周囲に受け入れてもらうことができます。

ぜひあなた自身が働きやすくなるためにも、謙虚な姿勢と周囲への気配りを心がけてくださいね。

【女性ばかりの職場で人間関係に悩んでいる場合は、併せてお読みください。】

女性ばかりの職場というのは、何かと大変なことが多いです。

「女同士だから分かってもらえるよね」と思いきや、女の敵は女という言葉を思い出させるほど理解してもらえないことが沢山あります。

そのためこれから女性ばかりの職場で働くという場合は、こちらの「女社会の掟」というサイトも合わせてお読みください。

女性ばかり職場に起きる様々な人間関係トラブルを解決する方法を紹介しています。

女性ばかりの職場で生じるいじめ、嫌がらせを回避する処世術

性格が悪い女NO1は○○女!嫌な女9タイプを完全攻略!

女の職場は嫉妬がうごめく怖い世界!平穏に過ごすための5原則を徹底解説!

【仕事に家事に子育てに、、、大変すぎるあなたの負担を減らすための知恵をご紹介しています。】

ワーママ必見の家事時短テク18選!家電が無くても家事はここまで楽になる!

ワーママが夕食を16分で2品作る方法!献立も考えなくていいんです

子育てと仕事の両立は大変すぎる!働く女性の負担を減らす9つの秘訣

【子育てと仕事の両立に役立つ6つの制度】子供の熱には看護休暇でOK

時短料理を総まとめ!共働きママの夕食は6つの時短テクで楽しよう

共働きなのに家事しない夫の対処法15選!こんな場合は離婚もアリです!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket