Pocket

f:id:stellacafe7:20170720103220j:plain

仕事に子育てに家事、しなければいけないことは沢山なのに、頼りにしたい旦那はあてにできない。

そのような状況に置かれ一人で泣いたりしていませんか?

1人で仕事と家事と子育てのすべてを抱えるというのは本当に負担の大きいことなので、だんだん心の余裕がなくなってしまいますよね。

このように心に余裕が持てないのは、あなたがとても頑張り屋さんのママだからだと思います。

でも心に余裕が持てない時は、頑張り屋さんの自分をちょっと休めてあげましょう。

あなたが今後心に余裕が持てて、笑顔な毎日を送れるようにするにはどうしたらいいのか一緒に考えましょう。

自分をもっと褒めてあげよう

これまで仕事、子育て、家事を一人で抱えて頑張ってきた自分をいっぱい褒めてあげましょう。

「一人になった瞬間泣いてしまって、自分はおかしい」

「みんなやっているのに、自分だけ上手くできていない」

「情緒不安定で子どもに当たってしまって、自分は最低だ」

なんて思う必要はありません。

今まで一人ですべてをこなしてきたこと自体がすごいことなんですから。

日本はこれまで家事は妻、仕事は夫という役割分担で生活をしてきました。

それが今の時代になって、今まで二人で分担してきたことを一人で抱えなくてはいけないわけなのですから、これまで一人で仕事、家事、子育てをこなしてきたあなたはすでに超人的です。

だけどあなただって普通の人間なんだから、頑張りすぎたら疲れちゃうのは当然ですよね。

だから今はこれまで頑張ってきた自分をいっぱい褒めてあげて、心が元気になるまで少し休みましょう。

子育てと仕事の両立が無理だと感じている時に前向きになれる5つの方法


【スポンサーリンク】


旦那さんとちゃんと話をしよう

旦那さんとは話ができていますか?

・旦那は帰ってくるのが遅いから

・旦那は家事は私がするものだと思っているから

・旦那に言っても無駄だから

そのような理由から、旦那さんと話をすること自体諦めてしまっていませんか?

でも今のまま一人ですべてを抱えていると、あなたが壊れてしまいます。

子育てにあまり関わっていない旦那ほど、あなたの大変さは分かりません。

私の旦那もそうでした。

以前朝の準備が大変だという話をしたら、

「保育園に連れて行くのが大変って、別に連れて行くだけやろ?5分早く家出たらいいんちゃうん」という返事が返ってきたのです。

実際に子育てをしていなかったら、

・子どもに「この服はいや、これもいや」と言われては何度も服を選びなおしていること。

・「我慢して」といって無理やり着せようものなら、かんしゃくを起こし収拾がつかなくなること。

・子どもが髪の毛くくってと言ってきた後、ヘアゴム選びに何分も付き合わないといけないこと。

・出発直前におもらししてしまうこと。

・突然「保育園いや」と言って、車に乗ってくれないこと。

これらのことなんて知る由もありません。

そのような私の日々の努力を知らずに、涼しい顔をして「5分早く出たらいいやん」という旦那には心底腹が立ちましたが、ここで「コイツに言っても無駄や」と切り捨ててしまってはいけないのです。

旦那さんはあなたを困らせてやろうなんて思ってませんし、あなたにノイローゼになんてなってほしくないと思っています。

ただただ、あなたがそこまで追い詰められているということが分からないだけなんです。

だから一度、腰を据えて旦那さんとしっかり話し合いをする場を作りましょう。

話し合うことで、

・旦那さんに家事を協力してもらう

・休日ママが一人で過ごせる時間を作らせてもらう

など家事・子育てに関する協力を得たり、あなたの勤務時間を減らしたりなど何かしらの解決策が導き出せるはずです。

あなたの負担を減らすためにも、一度旦那さんと話し合いましょう。

家事なんてしなくていい

しんどい時は家事なんてしなくていいんです。

一週間掃除しなくても死にはしません。

もし旦那さんに「部屋汚いな」と言われたら「アンタの足が汚いからちゃう?」って言ってやったらいいんです。

共働きやのになんで家事も子育ても私がすること前提でしか考えられへんねん?って感じですよね。

私は旦那に文句言われるのが本当にむかつくので、文句を言われたら「文句あるなら自分でしたら」って切り捨ててます。

ちょっと話がそれてしまいましたが、とりあえずしんどいなら掃除なんてしなくていいし、洗濯も一回一回たたまなくてもいいんです。

ハンガーのままクローゼットに吊っておけばシワにはなりません。

食事だって総菜を買ってきたりたまには外食したりしたらいいんです。

私も仕事帰りにすき家の牛丼とか買って帰ったりしてます。


【スポンサーリンク】


平日に休みをとって自分の時間を作ろう

たまには平日に休みをとって自分だけの時間を作りましょう。

子どもを預けることに罪悪感なんて持たなくていい。

美容院なんて何か月も行けてないんじゃないですか?

月に1回でも自分のために使える日があったら、気持ちの切り替えが上手にできるようになりますよ。

上手に心を切り替えて、笑顔のママでいれる方が子どももうれしいはず!

だからたまには平日に休みをとって自分の時間を作ってくださいね!

 子育てはたった一つのことを大切にすればOK

子どもとの時間があまりとれていないことに罪悪感を持っていませんか?

もし罪悪感を持っていたとすれば、もう忘れてください。

子育てで大事なのは「一緒にいる時間」じゃありません。

子育ての本質的な部分をいうと、一番大切なのは「自尊心を育ててあげること」です。

自尊心の強い子ほど、幸福感が高く将来的に自立できる人間に成長します。

自尊心をはぐくむには「自分は愛されている」「自分は大切にされている」と感じられることが何よりも重要なのです。

この自尊心をはぐくむには時間的な要素は関係ありません。

どうすれば子どもの自尊心をはぐくむことができるかというと、

・大好きをいっぱい伝える

・スキンシップをいっぱいとる

・子どもの話に耳を傾ける

これが大事なんです。

一日10分でいいから子どもを抱きしめて「大好き」「カワイイ」といっぱい言ってあげたり、ご飯の時に「今日は何して遊んだの?」という会話をしてあげたりしましょう。

それだけで子どもの心は満たされ自尊心の強い子に育ちます。

自尊心をはぐくむことを大事にしていたら、習い事ができなくても、しつけが十分でなくても子どもはまっすぐに育ちます。

だからあまり子育ての時間がとれなくても罪悪感など持たず、自信を持ってくださいね!

共働きが子どもに与える影響とは?悪影響を与える本当の理由はコレ!

気付いて!鍵っ子が抱える寂しい気持ち。日頃の愛情が大切なんです。

1日3つ良かったことを思い返す習慣を

夜寝る前に一日3つ良かったことを思い返す習慣を作ってみましょう。

この習慣を作るだけで、ポジティブになり上手に気持ちを切り替えられるようになります。

とくに難しく考える必要はありません。

・今日も一日ケガすることなく過ごせてよかった

・子どもの笑顔が見れてよかった

・今日は残業がなくてよかった

このようなことでかまいません。

このように一日良かったことを思い返す習慣は、うつ病の人にも効果があるとされているくらい有効なんです。

一日3つ良かったことを思い返す習慣をつくり、上手に気持ちを切り替えられるようにしていきましょう。
【スポンサーリンク】


さいごに

仕事も子育ても家事も一人で抱えるママは本当に頑張り屋さんです。

だけど頑張りすぎて疲れた時は、絶対に無理しないでください。

旦那さんにストレスをぶつけたらいいし、家事だって手を抜いたらいい。

子どもとの関りも自尊心を育てることさえ手を抜かなければ、まっすぐ育っていきます。

それに究極に「もう無理!」と思ったら仕事をやめたらいいんです。

どうか笑顔だけは失くさないように、上手に手を抜いていきましょう。

疲れた。もう無理・・・折れそうな心を前向きにしてくれる13の方法

仕事の労働条件を変えるだけでも、あなたの抱えているストレスをグッと減らすことが可能になります。

・子どもが熱の時でも休みやすい。

・有休が自由にとれる。

・仕事の時間が16時まで。

このような職場環境に変えてみるのもいいでしょう。

【子育てママのための仕事探し】ママが働きやすい職場の条件教えます

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket