Pocket

なんで私ばっかりこんなに大変な思いをしないといけないの?

それに頑張っても頑張っても誰も私を認めてくれない。

生きるのに疲れた。

もう何もしたくない。

きっと今のあなたは人生のすべてが嫌になって何もかもを放り投げ出したいくらい追い詰められていることでしょう。

そんな時はゆっくり休みましょう。

そしてここまで頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。

「疲れた。もう無理」と思うのは、これまで精いっぱい頑張ってきた証です。

ここでは今にも心が折れてしまいそうなあなたが、少しでも前向きになれる方法を集めました。

ここまで頑張ってきたあなたにこれ以上頑張れとは言いません。

今はゆっくり休んで、心に栄養を与えてあげましょう。

ここまで頑張った自分を褒めてあげよう

ここまで頑張ってきた自分をめいいっぱい褒めてあげましょう。

頑張り屋さんのあなたはこれまで自分に厳しすぎたのはないでしょうか?

「あれもしないといけない。」「これもしないといけない。」

忙しすぎる毎日のせいで、自分をいたわってあげることが後回しになってしまったのだと思います。

今はそんな自分を褒めてあげて、休養する時間を与えてあげましょう。

自分ですべてを背負わない

責任感の強いあなたは全てを自分で背負い込んでいませんか?

仕事も家事も育児も誰にも頼ることができず、常に大きな不安や時間に追われることによる焦りを感じているかもしれませんね。

心の中でピンピンに張られた糸が今にも切れてしまいそうなくらいの気持ちを抱えていることでしょう。

そして口癖のように「疲れた。しんどい」と言ってしまってう毎日。

ここで肩の荷をスッとおろしてみましょう。

仕事だって、家事だって、子育てだってもっと周囲に甘えていいんです。

「できないことはできない」って言っていいんです。

もっと手を抜いたっていいし、誰かにお願いしたっていいんです。

1人ですべてを抱えることをやめた途端、スッと心が軽くなります。

自分の常識にとらわれない

自分の中の「~であるべき」「~するべき」という常識にしばられていませんか?

・子供には栄養バランスのとれた食事をしっかり食べさせるべき。

・子供のしつけは親である自分がすべき。

しかし実際は自分の中の常識通りになんて進まず、精神的に大きなダメージを受けて苦しんでいるなんてことはありませんか?

常識なんて自分の経験の中で作られた狭い世界観でしかありません。

「そんなの常識だ」なんていう人がいますが、常識なんて100人いたら100人が違うんです。

それに子供がご飯を嫌がったとしても、一食くらい何も食べなくても餓死することなんてありません。

しつけだって子供は成長過程の存在なのですから失敗やあやまちを重ねながら成長していくのです。

子供がいい子にしてくれないのはママのしつけに問題があるからではなく、単に成長過程の途中なだけ。

だから自分の中の常識にしばられる、ましてやその常識に至らない自分を不甲斐なく感じるなんてことはやめてください。

思い通りにいかない時は「こんなこともあるよね」と少し引いて自分を見てみましょう。

それだけで1つの出来事に対する感じ方が大きく変わりますよ。

【スポンサーリンク】


1人っきりになる時間を作る

一人っきりになれる時間を作りましょう。

誰の目も気にしなくていい。

誰にも遠慮なんてしなくていい。

誰にも邪魔なんてされない。

そんな自分の心が真っ裸になれるような時間を作りましょう。

優しいあなたはいつも相手の気持ちを気にしてしまいますよね。

だから遠慮して自分のことをいつも後回しにしてしまいます。

そのようなあなたがゆっくり心を休めるためには一人っきりになれる時間が必要です。

そのため誰にも邪魔されない一人っきりの時間を作りましょう。

思うままに今の気持ちを書きなぐる

今の気持ちを思うがままに書きなぐってみましょう。

「なんで私ばっかり!」

「ムカつくムカつくムカつくムカつく!」

意味不明で後から読めなくてもなんでもいいです。

言葉にならなければ子供のようにグシャグシャに殴り書きしてもいいです。

心の中にたまった毒素をすべて外に出してしまいましょう。

それだけでもどこかスッキリしたような軽い気持ちになれますよ。

思いっきり泣く

時には子供のように思いっきり泣いてしまいましょう。

泣くことは恥ずかしいことでもなんでもありません。

大事な感情表現の一つです。

それに「泣く」という行為は、気持ちをリラックスさせる効果があることは科学的にも証明されています。

人はストレスが溜まるとコルチゾールというストレス物質が分泌されるのですが、泣くという行為によりこのストレス物質を体の外に出すことができるのです。

また泣くことで「セロトニン」という脳内物質が放出されます。

セロトニンという物質が放出されると人の体はリラックスするようになります。

そのため涙を流すことは疲れた心を癒すためにはとても大切な行為なのです。

大人だって泣いてもいいんです。

誰にも迷惑なんてかけません。

何もなしでは泣けないという場合は、泣ける映画を見てみましょう。

映画の主人公に自分を投影して思いっきり泣いてしまうんです。

見終わった後にはきっとスッキリしていることでしょう。

去年の自分と今の自分を比べてみる

頑張っても頑張っても上手くいかない。

自分に自信がもてない。

そんな時は周りのだれかと比べるのではなく、去年の自分と比べてみましょう。

1年前の自分と今の自分を比べたらどうですか?

・去年はできなかったけど、今ではできるようになったこと。

・去年は知らなかったけど、今では知識の一つとなっていること。

1つでもあったなら成長できている証です。

一歩一歩前に進めているんです。

それにこの一年間、辛いこと、大変だったことが沢山あったと思います。

今のあなたはそれを乗り越えてきたんです。

だから確実に去年のあなたと今のあなたは全然違います。

確実に成長しています。

周囲の人はだれもあなたを褒めてくれない、認めてくれない。

そんな時は自信をなくしそうになるかもしれませんが、あなたは100%成長しています。

だから自信をもってくださいね。

【スポンサーリンク】


嬉しかった出来事、感動した出来事を思い返す

辛い時はつらかったことばかりに目がいってしまいますが、そんな時は過去の嬉しかったこと、感動したことを思い返してみましょう。

目をつむってじっくりと思い返すのです。

・学生時代に励んだ部活の大会で優勝した瞬間の達成感。

・友達の天然っぷりに大爆笑したおもいで。

・結婚式でみんなに祝福してもらった時の感動。

・カワイイわが子を初めて自分の腕で抱っこした時のぬくもり。

どんな場面でも構いません。

あなたが幸せだと感じたあのころにタイムスリップしましょう。

どうでしょうか?

少し心が温まったきたと思います。

太陽の光を浴びる

落ち込んで下を向いてしまう時は太陽の下を散歩しましょう。

太陽の光を浴びると自然と心が明るくなりますよね。

逆に雨の日だと心まで湿気った気分になります。

実は太陽には、私達の心を明るくしてくれる驚きの効果があるんです。

太陽の光を浴びるとセロトニンという物質が放出されます。

セロトニンとは、先ほどでも説明したように人にリラックスを感じさせてくれる物質です。

太陽の光を浴びると自然と明るい気持ちになれるのは、このセロトニンという物質が放出されているからなんです。

なので落ち込んでしまう、下を向いてしまう時は太陽の光を浴びながら散歩をしてみましょう。

そうすることで心が明るくなれるかもしれません。

時にはモノに当たったっていい!

時にはモノに当たってしまう時があってもいいんです。

手元にあるクッションをつかんで、辛い気持ち、イライラする気持ち、言葉にならない感情と一緒に思いっきり床に向かって投げつけてみましょう。

これで何かが解決するわけではありません。

だけどピンピンに張り詰めて今にも壊れそうだった自分の心がほんの少しスッキリしますよ。

何もしない日を作る

何もしない。

何も考えない。

完全に電源を切る日を作りましょう

疲れてしまったのは今まで全速力で走り続けてきたからです。

休むことなくずっとずっと頑張り続けてきたからです。

そんなあなたが回復するためには何もせずに電源を切る日が必要なんです。

ロボットだって充電する時は動作を停止します。

スマホも定期的に電源を切らないと動作が重たくなってしまいます。

人間だって一緒です。

心に栄養を補給するためには、完全に電源をオフにして休憩する時間が必要なんです。

たまには何もしない一日を作ってあげてください。

【スポンサーリンク】


好きな音楽を聴く

好きな音楽に耳を傾けましょう。

共感できる音楽に耳を傾けましょう。

椅子に腰かけてゆったりとした体勢で何も考えずにただただ音楽の歌詞を意識します。

するとふいに涙が流れたり、心が温かくなったり、心の底から力が湧いてきたり。。。

音楽は色んな形であなたに元気を届けてくれます。

私からはあなたにこの歌詞を送ります。

決意の朝に Aqua Timez

どうせならもう ヘタクソな夢を描いていこうよ
どうせならもう ヘタクソで明るく愉快な愛のある夢を
「気取んなくていい かっこつけない方がおまえらしいよ」

一生懸命になればなる程 空回りしてしまう僕らの旅路は
小学生の 手と足が一緒に出ちゃう行進みたい
それもまたいいんじゃない? 生きてゆくことなんてさ
きっと 人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ

心の奥の奥 閉じ込めてた本当の僕 生身の36度5分 飾らずにいざwe don’t stop
けどまだ強がってるんだよ まだバリアを張ってるんだよ 痛みと戦ってるんだよ

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ 僕達は強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためなのさ
僕だけじゃないはずさ 行き場のないこの気持ちを 居場所のないこの孤独を
抱えているのは…

他人の痛みには無関心 そのくせ自分の事となると不安になって
人間を嫌って 不幸なのは自分だけって思ったり
与えられない事をただ嘆いて 三歳児のようにわめいて
愛という名のおやつを座って待ってる僕は
アスファルトの照り返しにも負けずに 自分の足で歩いてく人達を見て思った
動かせる足があるなら 向かいたい場所があるなら この足で歩いてゆこう

もう二度とほんとの笑顔を取り戻すこと できないかもしれないと思う夜もあったけど
大切な人達の温かさに支えられ もう一度信じてみようかなと思いました

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ 僕達は強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは 崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためだけど
過ちも傷跡も 途方に暮れ べそかいた日も 僕が僕として生きてきた証にして
どうせなら これからはいっそ誰よりも 思い切りヘタクソな夢を描いてゆこう
言い訳を片付けて 堂々と胸を張り 自分という人間を 歌い続けよう

 

辛かった出来事の反対側を見る

あなたが今感じている辛い出来事を反対側から見てみましょう。

世の中のすべての出来事がコインの裏表のように良い面と悪い面を持っています。

例えば同僚から嫌な言い方でミスを指摘された場合、その言い方だけを見ると「嫌なことをされた」と感じてしまいますよね。

だけど、その出来事の裏側をみると「こんな言い方をされたらいやな気分になるな。自分は言わないようにしよう。」「言い方は置いておいて、指摘されたミスを今後に活かそう」という具合に、あなたにとってプラスの出来事に変えることができます。

しかし「そんなこと簡単にできないよ」と思ってしまったかもしれません。

だけどあなたの心が少し落ち着いてきたら、辛かった出来事を反対側から見てみてください。

見方を変えるだけで辛かった出来事がプラスの過去へと変わっていきます。

コブクロの「ここにしか咲かない花」という歌の歌詞にこうあります。

影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない。

うつむく顔を上げ振り返ればそこにある光に気付くだろう。

きっとあなたの心が癒えた時、この歌詞の本当の意味が分かると思います。

無理に焦る必要はありません。

ゆっくりと休養しながら光を見つけていきましょう。

夜も眠れないなら専門家に相談しよう

夜も寝れない。

ご飯も食べれない。

心から笑えない。

そんな日が続いているなら、心理カウンセラーや心療内科に相談してみましょう。

このような症状がある場合は、心が悲鳴をあげている証拠です。

そのため今以上に頑張る、我慢するということを続けると、本当に心が壊れてしまいます。

悩みやストレスは1人で抱えず、専門家に相談することで自分1人では見つけられなった抜け道を見つけられる場合があるんです。

専門家に相談することは恥ずかしいことなどではありません。

風邪をひいたら病院に行くのと一緒。

心の風邪をひいたら専門家にみてもらうことで、自力で治すよりも早く回復させられるんです。

そのため夜も眠れない、ご飯も食べられない、心から笑えない。

そんな時は心療内科を受診してみましょう。

さいごに

疲れた。もう無理。。。そう思った時は、これまで頑張ってきた自分をいっぱい褒めてあげてください。

そしてゆっくり休憩する時間を作ってあげましょう。

自分の感情を書きなぐる、思いっきり泣く、モノに当たる。

人に迷惑を掛けなければどんな方法だっていいんです。

自分を疲れから解放できる方法を取り入れましょう。

そうしていくうちに少しづつ前向きになれるようになりますよ。

ただ夜も眠れない、ご飯も食べれない、心から笑えない。

そんな時は専門家に相談してみましょう。

心が折れそうな時に前向きになれる13の方法まとめ

  • ここまで頑張った自分を褒めてあげよう
  • 自分ですべてを背負わない
  • 自分の常識にとらわれない
  • 1人っきりになる時間を作る
  • 思うままに今の気持ちを書きなぐる
  • 思いっきり泣く
  • 去年の自分と今の自分を比べてみる
  • 嬉しかった出来事、感動した出来事を思い返す
  • 太陽の光を浴びる
  • 時にはモノに当たったっていい!
  • 何もしない日を作る
  • 好きな音楽を聴く
  • 辛かった出来事の反対側を見る

【疲れを解消するための記事を集めました】

子育てと仕事の両立が無理だと感じている時に前向きになれる5つの方法

忙しいワーママにお勧めストレス発散方法10選 自分の時間を確保しよう

家事に疲れたら自分にご褒美!久世福商店なら日常にトキメキが生まれます

共働きの育児に疲れた。泣くほど辛いあなたの負担を減らす6つのこと

仕事・家事・育児をこなすワーママが疲れたら、まずは自分をいっぱいほめてあげよう!

ワンオペ育児が当たり前と思ってません?ママの負担が減る4つの秘訣

子育てと仕事の両立でイライラMAX!気持ちがスッと楽になる秘訣はコレ!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】



【スポンサーリンク】


Pocket