Pocket

f:id:stellacafe7:20170725111236j:plain

 

共働きなのに貯金できない夫婦にはある共通点があります。

・通帳を夫婦別々に管理している

・お金の管理は妻(夫)に任せている

・家はペアローンで購入する

・子どもは中学受験を考えている

これらは貯金できない夫婦に共通しています。

ただこれらの共通点は単に貯金できないだけではなく、老後破産などの原因にも繋がってくる要素なので、今一度ここでお金の管理について考えてみましょう。

ここでは貯金できない共働き夫婦がやりがちなお金の管理方法と、その管理方法がもたらすリスクについて解説します。

これを読めばあなたの家計管理のどこに問題があるのかを知ることができますよ。

 夫婦で生活費を出し合い、互いの通帳はブラックボックス

毎月10万円ずつ生活費を出し合い残りはそれぞれのお小遣にしいてる、そして相手の通帳残高はブラックボックスという夫婦はお金が貯まりません。

もちろん毎月出し合った生活費の中から貯金額を決めて差し引いていたり、自分のお小遣いを貯金にまわしている場合は別ですが、相手が貯めているだろうと期待している場合は危険です。

私の知人でも夫婦の財布を別にしている人がいますが、その中でも一人「危なっかしいなぁ」という人がいます。

その人は旦那の年収は1000万円。本人はパートで働いています。

結構な浪費家で見るからに自分の給料以上の買い物をクレジット決済で購入しています。

そしてその人が決まって言うのは「私はね貯金なんかできへんねん。でも旦那が貯めてくれてると思うねんなぁ」といいます。

見ての通りちょっと嫌な感じの人です(笑)

でもここでは、この人の感じが良いとか悪いは置いておいてこのようなお金の管理方法はかなり危険です。

おそらく自分の旦那は高所得だということで油断しているのでしょうが、旦那だって飲み会や趣味など何にお金を使っているか分かりません。

ギャンブルで全部スッてる可能性だってあります。

それに旦那がいつまでも健康で働けるかどうかなんてわからないんです。

もしかしたら明日倒れるかもしれません。

その時に旦那の通帳を開けたら残高ゼロだったらどうするんだろうという感じです。

この人の場合、クレジット決済の借金までついてきますからね(;^ω^)

この人までとは言いませんが、互いに通帳を分けている夫婦ほど「相手が貯金しているだろう」と期待している傾向が強いです。

相手に期待すると本当にお金が必要になった時に、ふたを開けたらどちらも残高ゼロという非常事態が起こる可能性があるのです。
【スポンサーリンク】


 夫婦で負担する生活費を分担している

家賃と保険料は旦那、生活費と学費は妻という具合に分担している場合も先ほどと同様互いの通帳の中身がブラックボックスなら貯金は難しくなります。

そして収入が途絶えた時に実は貯金はゼロだったという現実に直面するリスクもあります

またこの管理方法の場合は、生活費の折半よりも後にもめる可能性が出てきます。

というのも生活費や学費は子どもの人数や成長に伴いどんどん費用が増えていくからです。

そうなると片方の負担額がかなり大きくなっていき、それが不満に変わる場合があります。

夫婦で生活費を分担する場合、流動性のある費用に関しては適宜二人で相談し対応を変えていく必要があります。

妻(夫)にお金の管理を全て任せている

お金の管理を相手に丸投げするというのは避けましょう。

うちの妻(夫)は上手くしてくれるはずと期待するのは危険です。

というのも日本人はお金に対して無知、無頓着な人がかなり多いという特徴があります。

住宅ローンやクレジットカードのローンひとつとっても、

・変動金利と固定金利の違いを知らない。

・元利均等返済と元金均等返済の違いを知らない

・今、自分たちの払っているローンの金利が何パーセントか知らない。

という状況で利用している人が非常に多いのが現状なのです。

ということは、自分の妻(夫)がよく分からないままにクレジットで借金を重ねているなんてことだってあるんです。

実際に私の旦那のお姑さんがよく分からないままにリボ払いで支払いしてて、50万円の借金を作っちゃってたんです(>_<)

ある日「ミントさん、私お金を返済しても返済してもこの請求書くるんだけど何でか分からない?」と聞かれて初めて借金が発覚しました。

「お義母さん!これリボ払いやで!」というと、お姑さんは「リボ払いって何?私そんなん契約した記憶ないけど」と驚いていました。(いや、こっちが驚くゼ(;゚Д゚))

ただこれはお姑さんに限った話ではなく、返済の仕組みなど分からないままにリボ払いで支払いをして借金を抱えてしまったという人は案外多いんです。

このようなこともあるので相手にお金の管理を丸投げするというのは本当に危険なのでやめましょう。

どんなに信頼した相手であろうと「無知」がもたらすリスクは回避できません。

ミント
夫婦でお金の勉強をしながら知識を深め、どのように使っていくか話し合う関係こそがリスクを回避できる一番の方法です。


【スポンサーリンク】


住宅ローンをペアローンで上限額MAXまで借り入れしている

住宅ローンを組む際にペアローンにして上限額MAXまで借りるというのは危険です。

とくにこの先も共働きであることを前提に返済プランをたてている場合は非常に危険です。

というのも、女性は出産、育児などで働けない期間が出てきます。

また子育ての状況によってはどちらかが仕事をやめなければいけない可能性も出てきます。

そして何よりどちらかが病気やケガでもう働くことができなくなった場合、たちまち返済不可能となってしまいます。

旦那の知人でも夫婦でペアローンを組んでいたものの、妻が逃げてしまったために一人でローンが返済できなくなり任意売却に至った人がいます。

旦那の知人の例は少し特殊なケースになってしまいましたが、このように二人で働いて返済することを前提にしていた場合、何かの都合で片方しか働けなくなった途端に返済が滞る可能性が出てきてしまうのです。

そのためペアローンを利用する場合でも、片方の収入のみでも返済できるプランで利用するようにしましょう。

 高級車に大きな住宅、子どもは中学受験と決めている

ステータスの印象が強い高級車、大きな住宅、中学受験の3つに手を出すと、年収1000万円でも家計は火の車化します。

世帯年収800~1000万円というゾーンは「自分は裕福な方だ」と油断してしたり「見栄」に左右されやすくなったりする世帯が多く、高級車や大きな住宅を購入し子どもも中学受験などを考える人が増えます。

ただ年収1000万円で高級車、大きな住宅、中学受験というのは本当は身の丈に合っていない生活水準だということに気づかなければいけません。

「年収1000万円はすごい!」と世の中の人からもてはやされるので、勘違いしやすいのですが、年収1000万円ってそこまで裕福な暮らしはできません。

実際、私の父が年収1000万円程度でした。

しかも地主の生まれだったので住宅なども贈与されていますが、それでも貯金を計画的にしていこうとすると生活水準なんて一般家庭に毛が生えたような贅沢しかできません。

父の場合は車が好きだったので高級車を購入していましたが、その車にかかる支出によって他の使えるお金は一般家庭と同じ水準になります。

なので私も妹も小学校から高校まで公立ですし、旅行も国内しかいったことがありませんでした。

年収1000万円って、きちんと貯金したらそんなものです。

だから年収1000万円に過度な幻想を持ち、また「自分は富裕層なんだ」と勘違いするとケガをします。

共働きで貯金するにはどうしたらいいか

共働きで上手に貯金をするなら、まずは互いに収入をオープンに家計を合算してしまいましょう。

そして何にいくら必要かを洗い出し、お金のin outを把握するところからはじめます。

ちなみに私たち夫婦は世帯年収750万円ながらも20代の間に1000万円貯金することに成功しました。

その時の家計管理の方法がこちらです。

【貯金術】共働き世帯年収750万円でも簡単に年間100万円貯金する8つの方法
【スポンサーリンク】


さいごに

お金の管理の方法は夫婦によって千差万別です。

もちろん管理方法は個人の自由ですが、貯金するなら貯金しやすい管理方法を取り入れる方が賢明です。

また自分たちの管理方法が抱えるリスクを知っておくというのも大切になります。

一度、夫婦でお金の管理をどうするか話し合ってみましょう。

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket