Pocket

f:id:stellacafe7:20170726161428j:plain

共働きで子育てをする場合、あらゆる問題に遭遇します。

・子どもがインフルエンザにかかって休まないといけない。

・残業で保育園のお迎えに行けない

・子どもがグズッて準備が進まない

このような場面に遭遇した時が一番ストレスを感じます。

では共働きの子育てならではの問題はどうやって対処していったらいいのでしょうか。

ここでは私たち夫婦が今までぶつかってきた子育ての問題をどのようにして対処してきたか紹介します。

これから仕事と子育ての両立をされる方は色々不安があるかと思いますが、対処法を知れば問題ないので安心してくださいね。

子どもがインフルエンザに!だれが看病する?

保育園に通い始めた子どもはひっきりなしに風邪をひきます。

そこで困るのが「誰が看病するのか問題」です。

特にインフルエンザの場合は熱が下がってからも2日間は休まないといけないので必然的に長期間休まなくてはいけなくなります。

私たち夫婦は娘が風邪を引いた時は私が仕事を休んで看病をしていますが、さすがに娘がインフルエンザにかかった時はあまりに長期的な休みになるため旦那にも一日休んでもらいました。

普段から肩身の狭い思いをしているので、旦那が一日だけでも休めた時はホッとしました。

旦那は最初仕事を休むときはあまり快く思っておらず「俺の会社、いままで子どもの風邪で休んだ人とかおらんから無理っていわれるかも知れへんで。無理って言われたら休まれへんから」と言いながら職場に電話していました。

すると上司は「そうか~!休んでいいぞ。お前もうつらんように気を付けろよ」と、旦那の想像とは裏腹にかなりすんなり休めました。

旦那が勝手に子どもの風邪で休んだ人がいない⇒うちの会社は休んだらいけないと思い込んでいたようです。

旦那は「上司がこんなに理解のある人とは知らなかった」とむちゃくちゃ驚いていました。

ただ旦那にインフルエンザの子どもを預けるって、ママからするとかなり不安。

だって普段の生活でさえ、旦那は言わないとオムツを変えてくれないし、食べ物もどんな硬さなら食べれるかとか考えずにあげようとするんですもん。

なので当時娘が食べられるものを説明し、水分だけは取るようにしてほしいこと、オムツは最低でも3時間おきに見てほしいことなど事細かに説明しました。

インフルエンザ中は私が2.5日、旦那が一日、お姑さんが半日仕事を休んで看病することで乗り切りました。

そして娘のインフルエンザが治った矢先、今度は旦那がインフルエンザにかかるというオチで収拾がつきました(笑)

子どものインフルエンザを乗り切るコツ

・夫婦で順番に休みをとれないか、それぞれの職場に連絡し調整する。

・ジジババが近くに住んでいる時は、看病を頼めないか聞いてみる。

・旦那に預ける時はおむつ交換、水分摂取、解熱剤の使い方など事細かに説明する。

・家族みんなでインフルエンザの予防接種をうけ、手洗いうがいも徹底する。

☟子どもはよく風邪をひくためその都度仕事を休まないといけないのですが、その時に職場の人と人間関係を良好に保つための情報をまとめています。

残業で帰れない!お迎えはどうしたらいい!?

残業ほどワーママを困らせるものはありません。

保育園のお迎え時間に間に合わなければ延長代がとられますし、子どもってお迎えが最後になると不安でいっぱいになるようで、お迎えが最後になった日は帰りの車内で「明日はもっと早く迎えに来てね」と泣くんですよね。

かといって残りの仕事を他の人に任せるのは申し訳ないし、嫌そうな顔をする人もいます。

なんか職場と子どもの板挟みにされている感じが非常にストレスになります。

娘は現在私の働いている病院が運営する保育園に預けているので、保育園の送迎は私になります。

明らかに間に合わない時は一旦娘を迎えに行って、病棟に娘を連れてきて残務をしたり、会議に出たりしたこともあります。

あと姑さんにお迎えに来てもらったこともあります。

ただお姑さんに頼むと、送迎の足がないからタクシーになっちゃうんですよね(>_<)

往復3000円の出費はイタイので、あまり頼めません。。。

そのため普段は預かり終了5分前まで仕事を頑張って、どうしても無理な時は他の人にお願いしています。

そしてダッシュでお迎えに行くのですが、何回か間に合わず延長代を払いました(*_*;

残業が続いた時期は何度も「もう辞めようか」と思うことがありましたが、今は仕事を効率化させ残業しない方法を考えた結果、残業時間を激減させることができるようになりました。

残業がなくなるだけで精神的な負担は大きく減ります。

残業を乗り切るためのコツ

・自分がお迎えに行けない時に頼める人を確保しておく。(親が近くにいない人は預かり時間が長い保育園に入るのもポイントになります)

・残業しないために仕事を効率化させる

・残業による延長保育代で費用がかかるなら、働き方を変更する。

・職場が子どもを連れてきてOKなら一旦お迎えに行って、子どもを連れてきて残務をする。

子どもを職場に連れてくるってかなり非常識に見えますが、看護師の世界では珍しいことではないんですよ。

子育てしながらでも働きやすい社会にするには、これが当たり前にできる社会にならないといけないと思います。

【スポンサーリンク】


忙しい中子どもとの時間をどうやって作る?

自宅に帰ってからも家事で時間に追われるので子どもとの時間の取り方にも戸惑いが生じます。

でも子どもとの時間はちょっと意識するだけで簡単に作ることができますよ。

私の場合は帰りの車の中で「今日は何したの?」といった会話を心がけています。

またご飯を作ってる最中に娘が「ララちゃん(娘)もしたい!」と言い出したら、できる範囲でさせてあげるようにしています。

家事のお手伝いが遊びの延長という感じです。

あとご飯は一緒に食べますし、お風呂も一緒に入るのでその間は娘の話を聞くようにします。

すると自然に子どもとの時間をしっかりと確保することができます。

そしてわが家の場合は20時~21時くらいには一通りの用事は片付くので、そこからも子どもと一緒に遊ぶ時間を作っています。

子どもとの時間を確保するコツ

帰り道や一緒にお風呂に入っているときなど、子どもと一緒にいる時間は案外確保できています。

その時にいっぱい話を聞いてあげたり、大好きという気持ちを伝えてあげましょう。

たとえ一日中一緒にいれなくても、ママから愛されているんだと感じることができたら子どもは安心感を得られます。

イライラして子どもに当たってしまう

ママも人間なので、普段仕事に家事に育児にと忙しく過ごしているとついイライラしてしまうこともあります。

私も心が穏やかな時は子どものワガママも優しく聞いてあげれるのですが、イライラしていると口調がきつくなってしまいます。

そして私の口調がキツくなるとさらに娘はダダをこねるという悪循環に陥ります。

そんな時、わが家では旦那がフォローしてくれます。

私がイライラしているときは旦那はそれを察知して娘の相手をしてくれるのです。

子どもに当たってしまう時の対処法

・イライラする時は、もう片方に子どもの相手をしてもらう。

・上手なストレス発散の方法を身に付ける

子育てと仕事の両立は単に時間に追われるだけではなくて、メンタル的にも追い詰められるときが沢山あるので、夫婦でメンタル面のフォローもし合えることが大切です。

子どもがグズッてスケジュール通りに進まない!

子育てをしていると全然スケジュール通りには進みません。

特に子どもがぐずった時は最悪です。

・着替えるのイヤ

・朝ごはん食べるのイヤ

・歯磨きするのイヤ

・靴を履くのイヤ

・車に乗るのイヤ

・保育園行くのイヤ

何一つスムーズにいかない時なんて倍以上の時間がかかります。

ただこの時に親がイライラしたり、叱ったりすると余計にかんしゃくを起こして上手くいかないんです。
【スポンサーリンク】


子どもがグズグズいう時の対処法

子どもがグズッてスケジュール通りに進まない時は、親が臨機応変に対応しなければいけません。

うちでは自慢できるような内容ではないのですが、娘がかんしゃくを起こして全然準備が進まない時は以下のように対応しています。

・着替えるのイヤ→パジャマのまま保育園に行って、保育園で着替える(夜に私服のまま寝かせてそのまま登園しているっていう人もいましたよ)

・朝ごはん食べるのイヤ→通勤の車内で食べさせる→それでも食べない時は保育園に持ってきたパンを預けて食べさせてもらう。

・歯磨きするのイヤ→もうしない

・靴を履くのイヤ→はだしのまま登園。靴持参。

・車に乗るのイヤ→強制連行

・保育園行くのイヤ→強制連行

という感じです。

また2~3歳のイヤイヤ期の場合は朝の支度の順番を守ってあげることでかんしゃくの回数は劇的に減らすことができますよ。

2~3歳のころは物事の秩序を理解しようとしている時期なので、毎日のルーチンが崩れることが気持ち悪く感じてかんしゃくを起こすことがあるのです。

例えば毎日朝ごはんを食べてから着替えをしているのに、ある日突然朝ごはんの前に着替えをさせようすると、子どもの中のルーチンが壊れるのでかんしゃくを起こすということです。

わが家もいつもは朝食→歯磨き→着替え→顔をふくという手順で準備していますが、私が勝手に朝食の次に歯磨きではなく着替えをさせようとした時に限ってかんしゃくを起こされているということに気づきました。

そこで毎朝準備の手順をルーチン化して行うように心がけたところ、かんしゃくの回数を劇的に減らすことができたんです。

そのため2~3歳のイヤイヤ期で朝の準備が思い通りに進まない時は、朝の準備の順番を勝手に変えないように注意してみてください。

ちなみにこの順序だてるという方法はこちらの本を参考にしています。

さいごに

上記であげてきた「困った」という場面は、共働きをしている以上誰もがぶつかる壁とも言えます。

その時になって慌てないためにも、場面別で自分たちならどうするかというシミュレーションをしておくといいでしょう。

また近くに頼れる人がいない場合は、事前にファミリーサポートを登録するなどしておくようにしましょう。

ファミリーサポートセンターのご利用方法|女性労働協会

共働き子育てでぶつかる5つの問題

・子どもがインフルエンザに!だれが看病する?

・残業で帰れない!お迎えはどうしたらいい!?

・忙しい中子どもとの時間をどうやって作る?

・イライラして子どもに当たってしまう

・子どもがグズッてスケジュール通りに進まない!

を乗り切る方法でした!

Pocket