Pocket

f:id:stellacafe7:20170803103219j:plain

子どもはよく風邪をひくし、ケガで急にお迎えにいかなくてはいけなくなることもあるので、仕事を探すときはママにとって働きやすい職場、働き方を選ぶ必要があります。

特に子どもの風邪の時でも気兼ねなく休める、子どもの用事の時に何かと融通の利く、このような職場で働くことができれば、子育てと仕事の両立による負担は大きく減らすことができます。

ここでは、

・ママにとって働きやすい職場の見極め方

・雇用別働き方のメリット、デメリット

・働き方別仕事の探し方

を紹介しています。

あなたにとって働きやすい職場、働きやすい雇用形態の仕事を見つけてくださいね。

ママにとって働きやすい職場とは?

仕事探しの前に、まずはママにとって働きやすい職場の条件を確認しておきましょう。

ここで間違ってはいけないのが、女性が多いから働きやすい職場というわけではないということです。

なぜなら女性ばかりの職場でも、妊婦や子持ちに対する理解が得られない職場が多数存在するからです。

実際、私の友人でも女性ばかりの職場でマタハラに合い、つわり中も休ませてもらうことができませんでした。

そのようなことがあるので、ママさんの職場選びは慎重にしなくてはいけません。

ママが働きやすい職場の条件として以下の項目が挙げられます。

□ママさんが多い職場である

□管理職が育児経験者

□ママ以外のスタッフも休みが取りやすい

□昔からママさんが多い

□残業なしを推奨している

□制度が整っており、かつ利用者も多い

□会社、上司に生命倫理がある

□業務のしわ寄せの原因を個人に向けない社風

このような職場ならママもストレスなく働くことができます。

次の項目ではこのような職場の探し方も説明していきます。

色んな働き方がある!雇用別転職サイト

働くと一口に言っても、正社員なのか時短勤務なのか、パートなのかでメリット、デメリットは大きく異なってきます。

そのためそれぞれの雇用形態の特色を知った上で働き方を考えましょう。
【スポンサーリンク】


正社員

正社員のメリットは何といっても安定性です。

正社員の場合給料もパートなどに比べると高くなりますし、雇用期間などもなく一番守られています。

そして納める年金額も大きくなるので老後受け取れる年金額も多くなります。

ただデメリットとしては正社員は背負う責任も大きくなるため、休みたい時に休みにくい、残業が必須になるといった職場が多く見られます。

そのため旦那さんの理解と協力、親などのサポート体制の有無がストレスなく働くためには重要になってきます。

また前章でママの働きやすい職場の条件について説明しましたが、これらの条件は就活の時点では確認できないことも含まれていました。

せっかく就活して希望通りの条件の職場を見つけたのに、実際入ってみたら全然思っていたのと違うかったなんて状況は避けたいですよね。

そのような最悪の状況を避けるためには女性の転職に力を入れている転職サイトを利用することがポイントになります。

女性の転職に力を入れている転職サイトは、結婚、妊娠、子育てとライフステージが変化しても働きやすい職場とはどのような職場か、という視点が他の転職サイトとは違います。

そのためママが働きやすい職場をきちんと紹介してくれるんです。

テンプスタッフ は女性に特化した転職サイトで、ママの就職支援にも力を入れています。

【公式ページはこちら】

時短勤務

時短勤務は産休前に1年以上の雇用期間がないと利用できません。

そのためこれから仕事を探すという場合は利用できませんが、次の子を妊娠した際の参考に時短勤務についても知っておきましょう。

すでに二人目以降の妊娠を考え中の方は、次の出産を考慮し時短制度の利用率が高い職場を探しておくといいでしょう。

時短制度の詳細についてはこちらをご覧ください。

時短はパートでも利用できること、時短制度利用しても将来受け取れる年金額を減らさないための方法があることについて書いています。
【スポンサーリンク】


パート

パートは正社員と違い労働時間の調整がしやすく、子育てを重視した働き方がしやすい雇用形態です。

デメリットとしては給料が正社員より低くなる場合がほとんどだということ。

ただパート労働法の改正により、パートでも職務内容が正社員と一緒、人材活用の仕組みが正社員と一緒の場合は、正社員とパートを差別的扱いすることが禁止されています。

そのためパートでも介護休暇や産休、育休などが取得することができます。

またあまり知られていませんが、実はパートでも正社員の労働時間の3/4以上働く場合は厚生年金、健康保険に加入することもできるんです。

ただ社員500人以下の会社においてはこのような社会保証の規制はなく合意によっておこなわれるもののため、転職の際は社会保障の面も確認する必要があります。

参考:パート・アルバイトの皆さんへ 社会保険の加入対象が広がっています。 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

こちらの記事ではパートのメリットデメリットの詳細について書いています。

求人サイトのバイトルなら、

・旦那の扶養内で働く

・託児所付き

といったママに嬉しい条件からも仕事を探すことができますよ。

在宅ワーク

在宅ワークはママにとって一番働きやすい形態ともいえます。

なぜなら在宅ワークなら子どもが風邪をひいても誰にも気を使うことなく看病することができますし、子どもの行事などもにも自分のスケジュール管理次第で参加することができるからです。

しかしデメリットとしてはフリーランスとして働くことになるため、パート以上に不安定な働き方になります。

また収入によっては夫の扶養から外れますし、そうなると収入が不安定であっても自分で国民年金や健康保険に加入しなくてはいけません。

在宅ワークでもお金の稼ぎ方には色々あるのですが、ママワークス」に登録すると在宅でできる仕事を探すことができます。

案内の中にはアルバイトとして働けるものもあるため、成果報酬と違い実際の仕事量に見合ったお金を受け取ることもできます。

また経歴を詳しく書くことで、あなたにあった仕事をママワークスから直接紹介してもらうこともできます。

【公式登録ページ(無料)はこちら】

さいごに

働く職場、雇用条件によってママの働きやすさというのは大きく異なります。

そのためどのような雇用形態で働くのか旦那さんとしっかり話し合いましょう。

そして仕事選びの際も、ママが働きやすい条件を意識して探しましょう。

そうすることでワーママデビュー後のストレスを大幅に減らすことができますよ。

【こちらの記事は多くの人に読まれています】



【スポンサーリンク】


Pocket