Pocket

あなたも小1の壁を難なく乗り越えられる在宅ワークをはじめてみませんか?

働くママにとって子供の小学校入学はおめでたい一方で、大きな大きな悩みの種となります。

学童保育は保育園のように長時間預かってくれないので、子供に鍵の管理をさせなくてはいけません。

そのこと自体心配だし、やっぱり子供が帰ってくる時間には家にいて「おかえり」を言ってあげたいと思うのも母として当然のこと。

しかしながらこのご時世、ママが仕事を辞めるというのは経済的に難しいですよね。

このように多くの働くママが小1の壁で悩んでいる一方で、在宅ワークで自分のペースで働きながら子育てをしているママが増えているのをご存知でしょうか?

今はインターネットの普及により、在宅ワークで月20万程度稼ぐことは難しいことではなくなりました。

ここでは在宅ワークをしているママ達がどのようにしてお金を稼いでいるのかを徹底解説します。

あなたもこれを機会に在宅ワークを取り入れて、子供に「おかえり」がいえる働き方をはじめましょう。

小1の壁が難なく突破できる在宅ワークってどんなの?

いま子育て中の主婦の間で増えている在宅ワークというのはどのような仕事なのか、具体的に説明していきますね。

あなたはクラウドソーシングという言葉を聞いたことがありますか?

いきなりのカタカナ言葉に「え?知らん!ややこしそう!無理!」なんて思わないでくださいね。

何も難しいことはありません。

クラウドソーシングというのは、インターネットを通じて仕事を依頼いしたい人と、仕事を受けたい人をマッチングさせているサービスです。

クラウドソーシングのサービスを提供しているサイトに登録すると、色んな案件を見ることができてその案件の中からあなたが「これならできそう!」と思った案件に応募します。

自分で応募するので、仕事のペースやスケジュールも自分で決めることができます。

そして細かい業務内容や報酬額などについて双方の同意が得られれば業務開始となります。

報酬は仕事が終わってから支払われるのですが、業務前に依頼主はサイトに報酬を仮払いしているので、仕事をしたのに報酬がもらえないというようなことは起こりません。

このクラウドソーシングを活用すれば月に20万円程度なら簡単に稼ぐことができるようになります。

案件の内容は多種多様で、

・アンケートに答える

・データ入力する

・記事作成する

・プログラミングする

・ロゴデザインする

などがあります。

アンケートやデータ入力といった簡単な作業の場合は報酬額は少なく、プログラミングやロゴデザインといった専門性の高いものは報酬額が高くなります。

そんな中で全くの初心者が、ある程度の報酬を稼ぐことのできる案件というのが【記事作成】です。

そして主婦の中で人気を集めているのもこの記事作成なのです。

記事作成のことを【ライティング】と呼ぶことが多いので、ここでは【ライティング】と呼ばせてもらいますね。

ライティングは文章を書くのが苦手という人にとっては難しそうに聞こえるかもしれませんが、全くの初心者でも問題ありません。

資格も学歴も関係ありません。

むしろライティングの世界では、高学歴の人が書いた難しい表現や専門用語ばかりの記事よりも、体験談満載で読み手が楽しく読める記事の方が好まれます。

実際に案件の中には「過去に経験した育児の悩みについて1000文字800円で書いてください」というようなものもあります。

このような案件ならあなたも書けそうじゃないですか?

ライティングの案件は、このような「体験談」を募集しているものが数多くあります。

依頼主は難しい文章、論文のような賢そうな文章なんて求めていません。

あなたの「体験談」を求めているんです。

そのためクラウドソーシングを使えば、あなたの過去の体験を文章に映し出すことでお金を稼ぐことができます。

 

在宅ワークならこのような問題点が解決されます!

在宅ワークを取り入れると小1の問題として多くのママが心配している課題がこのように解決できます!

鍵の管理

たとえ学童保育を利用したとしても学童は17時までなので、子供は自分で鍵の管理をできるようにならなければいけません。

しかしついこないだまでママと一緒に保育園に通っていたわが子。

・1人で学校から帰ってきて、鍵の戸締りはきちんとできるのかしら。

・鍵をなくしたりしないかしら。

考えれば考えるほど心配になりますよね。

在宅ワークならママが家でお仕事をするので、子供が帰ってくる時間には家で待ってあげることが可能になります。

子供が寂しい思いをする

家に帰ってきて一人というのは、子供にとってはやはり寂しいものです。

学校で辛いことがあっても、ママに相談することすらできません。

また同級生の子たちが放課後一緒に遊んでいる中、自分だけ学童に行かなくてはいけないので仲に入っていくことができません。

子供にとってはその点においても寂しいのです。

私の友人にも小学校一年生のころから鍵っこだった人がいますが、その人は「自分が鍵っこで寂しい思いをしてきたから、私は子供ができたら家にいてあげたい」と言っていました。

在宅ワークなら、子供が学校から帰ってきたら「今日はどうだった?」と声を掛けてあげることができます。

また学童を利用する必要がないので、他のお友達と一緒に遊ぶこともできます。

学校行事の参加

小学校になると色んな役員の仕事があったり、行事に参加しないといけなかったりします。

これら学校行事も働くママにとっては悩みの種となります。

また小学校にあがると宿題がでるようになりますが、その宿題も「お母さんとしてきてね」というものや、親が丸付けをしてあげなくてはいけないものもあります。。

そのため保育園の頃よりもママとしての仕事が増えるんです。

在宅ワークなら完全に自分のペースで進められるので、学校行事や子供の宿題を中心にスケジュールを組むことが可能になります。

子供の急な発熱

保育園のころに引き続き、急な発熱は働くママを困らせますよね。

しかも小学校になると病児保育に預けることもできません。

またインフルエンザのシーズンだと、自分の子は風邪を引いていなくても学級閉鎖になる場合もあります。

そのため保育園時代以上に、子供の風邪で休む問題が深刻になります。

この点に関しても在宅ワークなら自宅で子供の看病をしながら、子供が寝ている時間に作業することが可能になります。

孤食問題

いま子供の孤食化がすすんでいます。

孤食というのは一人で朝食や夕食を食べることを指すのですが、この孤食は様々な影響を子供に与えます。

まず子供が好きなものばかり食べるようになるので肥満になりやすくなります。

また家族間のコミュニケーションが減ることにより、子供自身の協調性やコミュニケーション能力の低下、寂しさによる情緒の不安定などにもつながりやすいと考えられています。

しかし在宅ワークなら何の問題もなく子供と一緒にご飯を食べることができるので、孤食問題によって引き起こされる問題も心配する必要はありません。

犯罪に巻き込まれるリスク

鍵っ子というのは犯罪者にも狙われやすく、実際に鍵っ子を狙った事件というのは起きています。

私が小学生の頃、同級生の子が自分の家の鍵を開けて家の中に入ろうとした際に、後ろから男の人が無理やり家の中に入ろうとしてきたことがありました。

その子はなんとか自力でドアを閉めることができたので、大事にはつながりませんでしたが本当に恐ろしい出来事です。

また私自身も高校生の頃に不審な男性に追い掛け回されたり、専門学校生の時には「パンツ5000円で売ってください」と言われたり、明らかに目つきがおかしい男性に「お前、殺すぞー!」と叫びながら追いかけられた経験があります。

ウソみたいな話ですが、すべて実話です。

私が育った地域はでは、女の子なら誰しも一度は危ない目にあったことがあるのが常識みたいなところがありました(;^ω^)

当時の私は高校生、専門学校生だったので何とか自分で対処することができましたが、小学一年生が私と同じ目にあったときに対処できるのかというのはかなり疑問の残るところです。

ママが在宅ワークなら、とりあえず家の出入りで起こる事件は予防することができます。

ただこの防犯に関しては、鍵っこうんぬん関係なくしっかり子供に教育していかなくてはいけない問題なので違う機会に特集しますね。

在宅ワークを始めるためにライティングの基礎を身に付けよう!

クラウドワークスでライティングの仕事をすれば、先ほどあげたような小1の壁で起こりうる様々な問題を対処することができます。

ライティングは資格も学歴も必要ありません。

しかしクラウドワークスでしっかりと収入につなげていくためには、ライティングスキルというものが必要になります。

そのためライティングの仕事を始める前に、ライティングの基礎を身に付けておきましょう。

この基礎が身についていれば、読み手にとって面白い文章を書くことができるようになり確実に収入につなげていくことが可能になります。

さらにライティングが上手くなれば、依頼主から直接あなたに「○○について記事を書いてください」と依頼されるようになります。

そしてはじめは1件1000円だった報酬額が、3000円、5000円と上がっていくことも現実として起こります。

このようにクラウドソーシングならあなたが頑張ったら頑張った分だけ収入を増やすことができるんです。

ではこの基礎をどのようにして学ぶかなのですが「水原咲のライティング講座」というライティングの基礎を教えてくれる講義動画があります。

動画は10部構成で1回10~15分程度で見れる内容なっているので、家事の合間に学ぶことができ、この動画は何度でも見れるので大事な部分を聞き逃してしまったという心配もいりません。

動画は「文章力に自信がない!」という全くの初心者の人にレベルに合わせて構成されているので、学生時代ぶりに文章を書くという人でも安心してライティングを学ぶことができます。

またこの講義動画では単にライティングスキルを身に付けるだけでなく、ライティングを効率化する方法や、実際にクラウドソーンシングに登録して仕事を受けるまでの方法も詳しく解説してくれます。

そのため「クラウドソーシングって、やっぱりややこしそうやわ~(>_<)」と不安に思っている人も全く問題ありません。

このライティング講座で身に付けたライティングスキルは確実にお金につなげていくことができます。

このライティング講座の講師をしているのは水原咲さんという方なのですが、水原さんはもともと広告代理店に勤務し、結婚お祝いムービーのナレーションの文章などを書かれていました。

また税理士事務所に秘書として転職された後は、秘書業の傍ら書籍の代筆などもされています。

水原さんはまさにライティングのプロ中のプロです。

その水原さんが動画でライティングについて基礎から教えてくれるので、仕事に活かせるスキルに特化されています。

 

この「水原咲のライティング講座」は9800円(送料無料)でご購入いただけます。

支払いはクレジットカード・銀行振込・郵便振替・コンビニ決済(手数料270円)・BitCash・ちょコムeマネーからお選びいただけます。

申し込みは電話でも受け付けています。

↓ライティング講座の詳細はコチラです。

今回このライティング講座をご購入された場合、特典としてクラウドソーシング上でよく使用される専門用語集もついてきます。

クラウドソーシングではあなたが直接、依頼主と話を進めていかなくてはいけないのですが、どうしてもそのような場面では専門用語なども出てきます。

やりとりの合間に知らない専門用語が出てくると、途端に不安になりますよね。

しかしこの専門用語集があれば、依頼主との話し合いも自信をもってスムーズに対応することができます。

このように水原咲のライティング講座なら、ライティングスキルだけではなく、そのスキルを収入につなげるまでの方法を知ることができるんです。

実際に「水原咲のライティング講座」を受けた人の声をお聞きください。

私は2人の子供を持つ専業主婦です。
国際結婚の後、夫の母国インドネシアへ家族で移住したのですが、2年前に夫が病気で他界。
一夜にして異国でシングルマザーになりました。
田舎の島に暮らしており、外国人である私にとって仕事を探すことは難しい状況。
その上私自身が持病を抱えていて、あまり無理ができません。

「どうやって二人の子供を養っていこうか?」と悩んでいたある日、たまたまネットで目にしたクラウドソーシングの記事に、心が動かされました。
家に居ながら子育てや家事の空き時間に仕事ができ、また場所を選ばず海外にいても仕事ができるのは、私にとってとても魅力的でした。
でも「文章を書いてお金を稼ぐなんて夢物語、私にできっこない…」とすぐには動けませんでした。
しかし、未経験からはじめて今ではライターとしてバリバリと活躍されている主婦もいらっしゃるのだということを知り、一歩踏み出してみることにしたのです。

講座内容は、ライターとしての心得やライティングの技術がギッシリと詰まっており、役に立つことばかり。
受講後は実際に文章を書いてみたくなり、すぐに仕事を始めることが出来ました。
講座を通して学んだことを実践していくと、クライアントから承認される文章がちゃんと書けるようになるのです。
文字数の少ないものからコツコツと書きはじめ、嬉しいことに執筆した文章は今のところ承認率100%!
初心者なので単価の安い案件が中心ですが、仕事を始めて10日間で1,800円ほど稼ぐことができました。
今では少しずつ単価の高い案件にも挑戦しています。

(Candraさん 45歳 主婦)

 

子どもが小さく、私自身も妊娠中で安静にしなければならなくなってしまい、仕事も続けることができず、収入がなくなってしまう事を悩んでいました。
そんな時に在宅ワークというお仕事を知りました。
いろいろと調べていると、在宅ワークのなかでも専門的な知識や技術を必要とするものばかりでした。
けれども、ライティングというお仕事は自分の知識だけでなく、ネットで調べて記事作成をできるので、これだと自分にもできそうだと思い、このライティング講座に応募しました。

内容は、右も左も全くわからない初心者でもとても分かりやすく、例文なども挙げられていて活用しやすかったです。
困った時の対処法や、応募のときのプロフィールの書き方など、アドバイスがたくさん詰まっていました。

(ytmamaさん 23歳 主婦)

 

 

ライティングの仕事に興味を持ったのは、やりたいという気持ちよりもやらざるを得ないという感じでした。
クラウドワークスなどで仕事を探しても、ライティングの案件がほとんどだったからです。
文字数の少ないものを必死に探し、どうにか何件かこなしましたが、苦手意識が変わることはありませんでした。

そこで、このライティング講座のことを教えていただき、半信半疑でしたが動画を見ることにしました。
すごく当たり前のことを言っているようで、しっかり的を得ていて、ライティングの仕事に対する考え方が変わりました。
以前は難しく考えすぎていて、書く事がうまくまとまりませんでした。
この講座を受講し終えると、もっと気楽に書いていいんだとわかり、前向きにライティングの案件をやってみようと思えるようになりました。

(lozzさん30歳 主婦)

↓ライティング講座の詳細はコチラから見ることができます。

在宅ワークならあなたの夢が無限に広がります!

在宅ワークなら小1の壁を難なく乗り越え、あなたのペースに合わせて収入を得ることができます。

とくに在宅ワークの中でもライティングなら、資格も学歴も必要なく、あなたの過去の体験を文章に映し出すだけでお金を稼ぐことができるので、明日からでも始めることができます。

そしてライティングスキルを身に付ければ身に付けるほど、月に稼げるお金も増えていきます。

認知度は低いですが、ライティングスキルというのは一度身に付けると国家資格並みに仕事に困らなくなるんです。

これはウソみたいな話ですが本当の話で、ライティングスキルを極めた結果、在宅ワークで月100万円稼ぐ主婦なども沢山誕生しています。

しかしそのように大成功を収めた主婦も、みんなはじめは基礎からスタートしています。

【基礎を積み重ねた先には従業員時代では不可能だった報酬額も目指せる】これがライティングスキルです。

ライティングによる在宅ワークは小1の壁を乗り越えるだけでなく、あなたの夢をどんどん広げてくれるんです。

あなたもこの機会にライティングの基礎を学び、ストレスのないゆとりある働き方を実現してみませんか?

↓ライティング講座の詳細はコチラ

さいごに

小1の壁は働くママにとって非常に高い壁ですが、在宅ワークという抜け道があります。

インターネットの普及により、在宅ワークといっても一昔前のような1時間で数十円しか稼げない内職とはわけが違うんです。

今は在宅でも外で働くのと同様、いや上手くいけばそれ以上お金を稼ぐことができます。

ぜひあなたも子供もストレスフリーな毎日が実現する在宅ワークで小1の壁を楽々乗り越えましょう!

ミント
実は私も小1の壁にぶつかるまでに、在宅ワークに移行したいと考えて日々ライティングスキルを磨いている人間の一人です。

一緒に頑張りましょう!

*注意*

本記事は水原咲のライティング講座を受講すれば月20万円稼げるというものではありません。

ライティングスキルを身に付け、クラウドソーシングを上手に活用すれば月収20万円も目指せるようになるという趣旨ですので予めご了承ください。

【在宅ワークに関する記事はコチラ】

【子育てママのための仕事探し】ママが働きやすい職場の条件教えます

在宅ワークで子育てと仕事は両立できる?経験から得た在宅ワークのコツ

子育てと在宅ワークを両立するコツは?赤ちゃんがハイハイを始めた時の対処法

Pocket