Pocket

はじめての妊娠の場合、妊娠発覚後いつ職場に妊娠の報告をしたらいいのか悩んでしまいますよね。

流産の可能性を考えると安定期に入ってからの方がいいの?

体の負担がないようにということを考えるとすぐに伝えた方がいいの?

また同僚にはどのタイミングで伝えたらいいのかも分かりませんよね。

ここではあなたが妊娠中に安全に仕事をするためにはどの時期にだれに何を伝える必要があるのかを解説しています。

御自身の体のために産休まで安全に働ける環境づくりをしていきましょう。

妊娠したらいつ報告すべき?

妊娠6週ごろよりエコーで胎嚢と心音の確認ができますので、それらの確認ができたら直属の上司には報告しておきましょう。

職場への報告は安定期に入ってからと考える人が多いのですが、妊娠初期は流産をはじめ出血などのトラブルの危険性が高い時期です。

そのため急に仕事を休まなければいけないということもあります。

またつわり症状が出始めるのも妊娠6週目ごろからなので、体調不良による欠勤や遅刻の可能性もでてきます。

そのためいつ職場に迷惑をかけることになるのか予測できないことから、直属の上司にだけは妊娠確認後に報告しておきましょう。

私も妊娠6週ごろに急な出血により仕事を休んで受診したことがあるのですが、事前に上司に報告していたので出血の際の連絡もしやすかったですよ。

また上司としても、あなたが産休に入ってからの人員の確保などもあるので早めに報告してもらうに越したことはありません。

そのため直属の上司にだけは早めに報告するようにしましょう。

【スポンサーリンク】


報告の際に伝えること

妊娠の報告をする際は以下の5つのことを伝えるようにしましょう。

①出産予定日

②産休、育休を取得する意図

③育休を取得する場合はどの期間取得するのか

④現在の体調

⑤おわびの言葉

出産予定日のおおよその日にちは、最終月経の初日から40週後になりますが人によって生理周期は異なりますよね。

そのため妊娠8~10週ごろに赤ちゃんの成長状況をみて医師が出産予定日を判断します。

職場への妊娠報告の時点でまだ出産予定日が分からない場合は「まだ医師から言われたわけではありませんが、出産予定は〇月〇日ごろになると思います。また正確な日にちが分かり次第報告します。」と伝えておくといいでしょう。

また産休や育休を取得するつもりなのか、それとも退職するつもりなのかなどもこの時点で決めている場合は報告しましょう。

育休取得ならどのくらいの期間取得するのか、退職するならいつごろを考えているのかも合わせて報告しましょう。

また妊娠中はつわりをはじめ、貧血や腰痛、だるさ、足のむくみなどさまざまな体調の変化が現れます。

そのため現時点の体調についても伝えておきましょう。

そして最後におわびのことばも忘れずに。

「急な体調変化などで御迷惑をおかけするかもしれませんが、産休まで頑張って働きますのでよろしくお願い致します。」と誠意をもって伝えておきましょう。

妊娠中の仕事はいつまで可能?34週まで働くと得られる3つのメリット

妊娠して仕事中つわりが辛いと感じた時が休み時!権利を上手に使おう

同僚にも早めに報告した方がいいケース

同僚に報告するタイミングは仕事内容によっては早めに報告した方が良い場合があります。

力仕事や胎児に影響する危険性のある仕事をしている、すでにつわり症状がでているという場合は安定期を待たずに早めに周囲にも報告するようにしましょう。

私も看護師という職業柄、力仕事も多いですし抗がん剤の管理やレントゲンの介助など胎児に影響のある仕事内容もあったため、上司に報告するタイミングで同僚にも報告しました。

そうすることで妊娠初期から力仕事や危険な仕事は免除してもらえたため、赤ちゃんの安全を確保することができました。

また私の場合、つわりもひどく仕事中も何度もトイレに吐きにいかないといけなかったのですが、みんなに妊娠報告をしていたことで周囲からも理解してもらうことができました。

みんなに妊娠の報告をしないまま何度もトイレに行ったり、ずっと椅子に座ったりしているとさぼっていると誤解される場合もあるので、そのような面でもみんなに報告していて良かったと思いました。

妊娠中立ち仕事しても大丈夫?時期別リスク対処法でズバッと解決!

妊娠中の仕事のストレスによる胎児への悪影響と4つのストレス減少法


【スポンサーリンク】


同僚への報告は安定期に入ってからでもいいケース

ただ妊娠初期は流産する危険性も高いため、みんなに報告するのは抵抗があるという場合もありますよね。

もちろんあなた自身の体調がよく、業務内容的にも危険性がないのであれば同僚への報告は安定期に入ってからでも問題ありません。

また業務的に危険性があったとしても、上司に調整してもらうことで安全を確保できる場合も問題ないでしょう。

同僚への報告は安定期に入ってからにする場合は、上司に「みんなへの報告は安定期に入ってからにしたいです。」と伝えておきましょう。

絶対にしてはいけないこと

妊娠報告の際に絶対にしてはいけないことがあります。

それは妊娠したことを誰にもいわないということです。

周囲に迷惑をかけたくないという思いから、誰にも妊娠を報告せず今まで通りにバリバリ仕事をしていると逆に周囲に大迷惑をかける場合があるのです。

これは私の知人の職場で実際に起きたことなのですが、知人の職場にとても気づかいのできるMさんという子がいました。

Mさんはみんなに迷惑をかけたくないという思いから、妊娠したことを誰にも言っていなかったがためにかえって周囲に大迷惑をかけてしまったのです。

Mさんは仕事熱心だったため、妊娠中もよく動き残業もバリバリこなしていました。

周囲のだれもMさんが妊娠していると気付かなかったため、当然のことながらみんなと同じように大量の仕事を振られるわけですが、そんなある日Mさんが切迫早産になってしまいました。

しかも絶対安静のため緊急入院です。

上司や同僚がMさんの妊娠を知ったのはその時でした。

そのため引継ぎもなにもできていませんでしたし、欠員を埋める準備もしていませんでした。

またMさんの上司は、さらに上の上司に「あなたは社員の体調の把握もできないのか!?」とむちゃくちゃ怒られたそうです。

Mさんは周囲に気を使わしたらダメだと思って妊娠を黙っていたのに、返って周囲に多大なる迷惑をかけてしまったのです。

働く妊婦さんが切迫早産になることは珍しいことではありません。

そのためあなた自身もいつ急に休まないといけなくなるか分からないので、絶対に誰にも言わないということは避けてくださいね。

さいごに

妊娠が発覚したらその時点で直属の上司には報告するようにしましょう。

その際には出産予定日、育休・産休取得の予定、現在の体調、おわびの言葉を忘れずに。

同僚への報告はあなたの体調と業務内容によって異なります。

安全の確保を一番に優先して報告する時期を考えましょう。

妊娠を黙っているというのは周囲に大きな迷惑をかけるので絶対にしないでくださいね。

【妊娠と仕事を両立される方はこちらの記事もお読みください。】

妊娠と仕事を両立する際の不安を解消!欲しかった答えがここにある!

妊娠して仕事中つわりが辛いと感じた時が休み時!権利を上手に使おう

妊娠中の仕事はいつまで可能?34週まで働くと得られる3つのメリット

妊娠中の仕事のストレスによる胎児への悪影響と4つのストレス減少法

妊娠中立ち仕事しても大丈夫?時期別リスク対処法でズバッと解決!

【妊娠を仕事関係者に報告する基本ステップ】安全に産休まで働こう!

妊娠中だけど仕事がしたい!妊婦でも快適に働ける仕事の探し方

【こちらの記事は多くの人に読まれています】



【スポンサーリンク】


Pocket