Pocket

子供が楽しそうに習い事に通っている姿をみると、親の金銭的な事情でやめさせるというのは抵抗がありますよね。
しかしその思いとは裏腹に、子供の習い事にお金をかけすぎて貯金ができないという「教育費貧乏」な家庭が増えています。

家計が苦しいのに無理に習い事を通い続けた結果、金銭的事情により子供が将来、自分の希望する大学や専門学校に進学できないことほど本末転倒なことはありません。
ここでは金銭的な事情で習い事をやめさせたい時に、子供とどのように折り合いをつけていけばいいか解説します。
金銭的な不安を解消して、なおかつ子どもも好きなことが続けられるような選択をしましょう。

子供が習い事を続けたい理由は何か聞いてみよう

子供に習い事のどのような点が楽しいのか具体的に聞いてみましょう。

意外と習い事の種目が好きというより、単に友達と一緒なのが楽しいという理由の場合があります。

子供は友達がしていることは全部してみたいと思うものですから。

もちろん友達と一緒に通う楽しさというのも子供にとって大切な体験です。

ただそのために4つも5つも習い事に通って家計を圧迫しているというのは問題です。

もし子供の習い事を続けたい理由が明確ではなく、友達と一緒だからというような場合は心を鬼にして習い事の数を減らしてもらいましょう。
【スポンサーリンク】


思い切って子供にお金の話をしよう

習い事の数を減らしてほしいという相談をした時に子どもが納得しない時は、思い切って経済的な話をすることも大切です。
お金の話をすることは単に子供を説得するためだけではなく、子供がお金について学ぶ機会にもなります。
日本人は「お金の話を子供にするなんて」と考える傾向があり、子供に家のお金について話さない家庭が多いのですが、そのような考え方は世界から「日本人はマネーリテラシー(お金の教養)がない」と言われる原因にもなっています。
そして実際に日本人のマネーリテラシーの低さは問題視されています。

参考:日本人の半数は「金融知力」なし 自分の金融知力を診断してみよう
そのため、
・習い事が月にいくらかかっているのか。
・将来の学費のためにいくら貯金していきたいと考えているのか。
・将来の学費を工面するためにはどうしたらいいのか。
これらについて一緒に考えてみましょう。
そうすることで、子供自身が納得する形で習い事の数を減らしていくことにつながりますし、子供が自らお金について考え、教養を身に付ける機会にもなります。

習い事に通わずに続ける方法はないのか考えてみよう

いま通っている習い事はスクールに通わないと継続ができないものなのかを考えてみましょう。
水泳など設備が必要なものを自宅で行うのは難しいですが、わざわざスクールに通わなくても自宅で学習できるものもあります。
たとえばピアノならインターネットで「○○(曲名)弾き方」と検索すると、you tubeでその曲の弾き方を詳しく解説してくれています。
あなたのお子さんがプロのピアニストを目指しているのなら話は別ですが、単にピアノが好きという理由で通っているのならyou tubeなどを使って練習することも可能なのです。
私自身、独学でギターを弾けるようなった経験があるのですが、子供は本気でハマったらどこからでも吸収できるものです。
他にも英会話ならフェイスブックなどSNSで外国人の友達を作り、交流を図ったりスカイプで会話をしたりするという方法もあります。
むしろこれこそリアルな国際交流といえます。
もちろん子供のSNSの使用に関しては親が見守る必要がありますが、このように知恵を絞れば色んな方法があるものです。
また習い事に通わなくても、好きなことを続けるにはどうしたらいいかと知恵を絞る経験自体が子供にとって成長できる場面になっています。
なので一度、子供とも習い事を通わずに好きなことを継続する方法について考えてみましょう。

月謝の安いスクールを探してみよう

上記の説明でも折り合いがつかない場合は、今よりも月謝が安いスクールを探してみましょう。
塾の場合はオンライン教室に変えるだけで、通常の塾や家庭教師より圧倒的に月謝が安くなります。

eネット塾なら小学生の場合、月2200円~利用可能で、高校生の場合でも4000円~利用可能になります。

しかも兄弟がいる場合は一人分の費用のみで利用することができます。

追加料金なしで24時間いつでも利用でき、繰り返し何度でも利用することも可能なので、子どもの苦手な部分を何度も繰り返し聞くことができます。

また急な用事で休んだ場合でも授業に遅れるという心配もありません。

もちろん分からない点に関しては直接質問することも可能です。

そしてオンライン塾は単に安いだけではなく、通塾時の心配もする必要がありません。

eネット塾は無料体験ができますので、一度お子さんに体験させてみるのはいかがでしょうか?

以下のフォームから無料体験することができます。



無料体験はこちら

さいごに 金銭的に無理のない範囲で習い事をしよう

習い事は金銭的に無理のない範囲で行いましょう。
絶対に習い事による出費により貯金ができず、将来の進路に影響を及ぼすということのないようにしましょう。
子供としっかり話し合いをして、
・習い事の数を減らす
・習い事に通わなくても続けられる方法を考える
・費用の安いスクールに変える
といった対応をしていきましょう。
またこれを機会にお金について学ぶ機会にしてみましょう。

【子供を伸ばすサプリメント記事はこちら】

子供が勉強嫌いになる原因は親!勉強嫌いが学年1位を取った驚きの方法

超効率的な勉強方法!偏差値30でも半年で全国模試1位を取る極意

頭のいい子を育てる母親はここが違う!遺伝や才能より大切な11のこと

子供の習い事の落とし穴!子供の可能性を潰す親に共通する5つの特徴

子供の習い事はいつから始めるべき?一番効果的なタイミングはここ!

金銭的事情で子供の習い事を辞めさせたい時の習い事の見直し方5か条

【子供の考える力を育てる7つの方法】習い事では考える力は育たない

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket