Pocket

子育てによるストレスでもはやノイローゼ寸前というママに向けて、育児ストレスを解消するためのより具体的な方法をご紹介しています。

子育てって、

・何もかもが思い通りに進まないし、

・分からないことだらけなのに失敗が許されないというプレッシャーがありますよね。

そのため常に気が休まることがないのに、

・子どもの意味不明なかんしゃくに振り回され、

・夜泣きで睡眠時間が削られる。

そんな日が来る日も来る日も続くもんだから、平常心が崩壊していくのも無理はありません。

「もう無理。逃げ出したい。」

そのような思いがふと頭をよぎることだってあります。

ここでは、育児ストレスで精神状態ギリギリのあなたが、子育てストレスを解消するための具体的な方法をご紹介しています。

今のストレスを的確に対処して、再び笑顔でお子さんと向き合えるようになりましょう!

子育て5大ストレスとは?

子育てが辛いと感じた時、「私ってダメな母親だな。」と自分を責めてしまっていませんか?

子育てがストレスだと感じるのは決してあなたに問題があるからではなく、子育てそのものがどうしてもストレスが多くなってしまうものなのです。

では、なぜ子育てってこんなにもストレスが多いのでしょうか?

その原因が分かれば「自分ができていないというわけじゃないんだ」ということに気付けますよ。

何もかもが思い通りに進まない

子育ては何もかもと言っていいくらいに思い通りに進みません。

・仕事に遅刻しそうな日に限って「保育園行きたくない」とぐずりだす。

・せっかく作ったご飯を食べてくれない。

・近所の同じ年の子はおしゃべりが盛んなのに、うちの子はまだしゃべらない。

・夜スムーズに寝てくれたと思ったら、真夜中に激しい夜泣きを始める。

なんか事あるごとに上手くいかないから、不安になるし、イライラするし。。。

周りのママ達は順調に子育てしているのに自分だけがいっぱいいっぱいになっているんじゃないかという気持ちにもなりますよね。

でも、実は小さな子を育てているママの多くが同じ悩みを抱えています。

子育てって、本当に思い通りにいかない。

赤ちゃんに泣かれると責められている気持ちになる

赤ちゃんに大泣きされると自分が責められているような気持ちになりますよね。

とくに母乳育児に関する悩みは深く、ママ自身ではどうにもならないこともあります。

「母乳が出なくて大泣きする。」

ママ自身が母乳が出なくて悩んでいるのに、赤ちゃんに大泣きされると責められているような気分になりますし、赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちにもなりますよね。

また母乳育児に関すること以外にも、理由が分からないかんしゃくや夜泣きもママにとっては精神的に辛いものです。

睡眠不足が平常心を破壊する

睡眠不足がさらに平常心を乱してきます。

赤ちゃんが生まれてからは、赤ちゃんが一晩中通して寝てくれるようになるまで、ママはずっと寝不足状態になりますよね。

最近、私の1歳の息子も夜泣きがはげしいので、私自身も寝不足が続いています。

夜中の2時3時に大泣きするので抱っこしてあやして、やっと寝たと思っても布団に寝かせるとまたぐずりだす。。。

そんなことを1時間くらい繰り返すなんてこともあります。

こうして寝不足の日が続くと、ちょっとしたことでイライラしてしまって、上の子にキツイ言い方をしてしまうなんてこともしばしば。

睡眠不足そのものがママの平常心を破壊していくんです。

小さなことが不安でたまらない

子どものこととなると些細なことが不安でたまらないですよね。

話さない。食べない。歩かない。といった成長発達に関することや、子どもが風邪や発熱といった体調不良を起こした時も不安になります。

沢山の「分からない」がある中で、自分の判断やしていることが正しいのかも分からない。

「もしかして私のせい?」「この子、なにか問題があるんじゃ?」という漠然とした不安があるのに、失敗したら許されないというプレッシャーがさらにママに追い打ちをかけてきますよね。

感情的に叱ってしまったあとの自己嫌悪感

ついイライラしてしまい子どもを感情的に叱ってしまった時、後からとてつもない自己嫌悪に陥ります。

「私って最低なママだな。」

「こんなママで子どもに申し訳ない。」

そんな思いを抱き、母親としての自信をなくしそうになりますよね。

私も何もかもが上手くいかないイライラや寝不足といった要因が重なり続けた結果、娘にキツイ言い方をしてしまったことが何度もあります。

そしてその度に「娘は何も悪いことしてないのになぁ。」と1人反省会をしてしまってします。

 

このように子育てはどうしてもストレスを感じやすい要因が揃っているんです。

そのためあなた自身には何の問題もありません。

なので自信をなくさないでくださいね。

では、次の章から具体的なストレス解消法を紹介します。

子育てストレスを解消する14の方法

子育てストレスを解消するための14の方法を紹介します。

どのような環境のママでも、この記事を読めば具体的な解決策が見つけられるようにまとめています。

まずは自分の頑張りを褒めてあげて!

まずはいつも子育てを頑張っているあなた自身を褒めてあげてください。

育児に一生懸命なママほど、自分のできていないところにばかり目がいってしまいますよね。

だけど出来ていないことばかりでなく、出来るようになったことをみてみましょう。

生まれた時はちいさくて弱々しかったわが子が、

丸々と大きくなってきて、

目でママを追いかけるようになります。

そして寝がえりをして、離乳食デビューもします。

周囲の子と比べると遅いこともあるかもしれませんが、でも半年前のわが子より今日のわが子、先月のわが子より今日のわが子、確実にできるようになったことが増えていますよね。

ちゃんとその子のペースで日々成長しているんです。

そしてその子を育てているあなたはちゃんと育児できているんです。

だから自信をもって!

自分自身を褒めてあげてください。

こちらの記事では「子育ては無理する必要ないんだよ~」ということを書いています。

無理してキラキラママになる必要なし!のんびりママの方が子どもは幸せ!

つい無理をしてしまう。こだわりを持ってしまう。というママは合わせてお読みください。

【スポンサーリンク】


同じ境遇の友達と話をする

1人で育児をしていると自分のしていることが合っているのか、とても不安になりますよね。

そんな時は同じ年齢の子を育てている友達に連絡をとってみましょう。

そうすると友達も自分と同じ悩みを抱えていたんだということに気付いたり、時にはとても参考になるアドバイスがもらえたりすることがあります。

とくに新米ママ同士の交流はとても重要で「自分一人じゃないんだ」と思えるだけで、子育て中のストレスは大きく減らすことができまるんですよ。

イライラしたこと、辛いことをSNSに投稿してみる

子育て中のイライラや悩みをSNSに投稿してみるのもいいでしょう。

子育て中のママは家にいることが多くなるので、社会とのつながりが閉鎖的になりがち。

そのような閉鎖的な空間こそ子育てのストレスを倍増させる大きな要因ともいえます。

そのため子育て中の悩みなどをつぶやいて、他のママパパと交流をとってみましょう。

SNSで社会的な孤立が解消されるだけで、精神的なイライラは大きく減らすことができますよ。

私もTwitterで日々の子育てなどをつぶやいていますが、悩みなどをツイートすると色んなママさん、パパさんが温かい言葉をかけてくれます。

そのたびに励まされ、気持ちを切り替えるきっかけにもなっています。

寝る時間を確保する

睡眠不足は平常心を乱す大きな要因になるので、寝る時間の確保を心がけましょう。

たった1~2時間でもしっかり寝ることができれば、想像以上にスッキリすることができます。

小さな子供を見ながらの睡眠時間の確保は至難の業ですが、

・子どもの昼寝時間に一緒に寝る。

・休日に旦那さんに子どもを見てもらって昼寝する時間を確保する。

・実家に帰って、親に子ども見てもらっている時間に寝る。

といった方法を取り入れることで睡眠時間を確保していきましょう。

私は息子の夜泣きで数日間まともに寝れていなかったのですが、旦那が休日の朝は息子を見てくれたので、朝6時~8時の2時間はしっかり熟睡することができました。

たった2時間睡眠ですが、それでもぐっすり寝る時間が確保されたことでかなりスッキリした気持ちになれました。

家事をさぼる

しんどい時は家事をさぼっちゃいましょう。

子どもの用事に追われている中、家事もしないといけないとなると相当なストレスが生じますよね。

そのためあなたのストレスを減らすためにも、家事はどんどん手を抜いていきましょう

家の中が多少汚くても死ぬことはありません。

頑張り屋さんのママほど、家事をおろそかにすることに抵抗を感じるかと思いますが、小さな子供を育てながら家事を完璧にこなそうとする方が無理な話だと割り切りましょう。

もし家の汚れが気になる場合は家事代行サービスを利用するという方法もあります。

家事を徹底的に手抜きすることで、今抱えているストレスを減らすことができますよ。

CaSyなら1時間2190円~利用することができますよ!
お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy


実家に帰る

実家に帰るのも一つです。

実家に帰るとママ自身がゆっくりすることができ、そしてママがリラックスできれば赤ちゃんの情緒も落ち着きます。

赤ちゃんはママの感情を映した鏡といっても過言ではありません。

ママがイライラしていると赤ちゃんもグズグズ機嫌が悪くなり、ママが穏やかな気持ちでいると赤ちゃんも機嫌よく過ごしてくれることが増えるのです。

そのためママが実家に帰ってゆっくり過ごすことは、ママにとっても赤ちゃんにとってもプラスになるので、子育てストレスが辛い時はどんどん自分たちの親を巻き込んでいきましょう。

【育児ノイローゼにならないみさえ流子育て】育児ストレスを劇的に減らす9つの秘訣

子育てサークルに参加する

自治体の子育てサークルに参加するといい気分転換になりますよ。

子育てサークルには、あなたと同じ年くらいの子どもを連れたママが沢山来ています。

ママ同士で色んな情報交換をしたり、ママあるあるの話で盛り上がったりすることで、漠然とした不安感や孤独感を消し去ることができますよ。

同じ立場の人と話をするというのは、子育てママにとってとても大事な時間なんです。

とくに赤ちゃんと一対一で家にこもっているママほど育児ストレスを感じやすくなります。

そのため

・気軽に情報交換できる友達がいない

・家にこもりがち

というママはぜひとも、自治体が主催する子育てサークルに参加してみましょう。

ちなみに子育てサークルの種類によっては、看護師や保育士がスタッフとして在籍しているので、育児の悩みに対して具体的なアドバイスがもらえますよ。

保健所や母乳外来に育児相談をする

育児に悩んだら保健所の保健師さんや母乳外来の助産師さんに相談してみましょう。

はじめての育児は分からないことだらけ。

そのためにママは大きな不安を抱えていたり、思い通りに進まないことにいら立ちを感じたりしますよね。

また第3者からみたら些細なことでも、ママにとったら夜も眠れないくらい心配なことだって沢山あると思います。

そんな時は1人で悩まずに、気軽に保健所の保健師さんや母乳外来の助産師さんに相談しましょう。

優しくあなたの不安を聞いてくれ、そして的確にアドバイスをしてくれますよ。

なので1人で悩まないでくださいね。

【スポンサーリンク】


保育園の一時預かりを利用する

育児ストレスを軽減するためには、時々保育園の一時預かりを利用してママがゆっくり休める時間を確保することも大切です。

保育園の一時預かりとは、突然の養育者の不在やママの休養を目的として一時的に認可保育園を利用することです。

利用できる保育園や、申し込み方法はお住まいの役所で確認することができます。

子どもと24時間ずっと密着していると、自分のことなんて何もできませんよね。

「もう何か月も美容院なんて行っていない」なんてこともあるのではないでしょうか?

もしかすると睡眠すらまともに取れていないという場合もあるでしょう。

それに子どもとずっと一緒にいると、24時間子どものペースで動かなくてはいけません。

この

・24時間子どものペース

・睡眠が確保されない

・自分の用事ができない

という三重苦、ストレスが溜まらないわけがありません。

そのため月に1~2回、一時預かりを利用して、ママがリフレッシュできる時間を確保しましょう。

この一時預かりを利用すると心の充電ができるので、子どもに穏やかな気持ちで関われるようになりますよ。

友達と協力しあう

ワンオペ育児をしているママは、近所に住む友達と協力しあいましょう。

1人で1人の子どもをみるのは大変ですが、2人で4人の子どもを見るのは案外平気だったりします。

1人が子どもを見ている間に、1人が用事を進めることができれば家事育児ってそんなに大変なことではないんです。

なので本来なら旦那さんに協力してもらいたいところですが、それが難しい場合は友達と協力して乗り越えていきましょう。

私も子育てにおいて協力しあえるような友達が4名ほどいます。

その友達と遊ぶときはお互いに子どものパジャマを持参して、友人宅で子どものお風呂を済ませてしまうのがお決まりです。

私がリビングで子どもを見ている間に、友人がお風呂に入り順番に子どもたちをお風呂に入れてくれます。

そしてお風呂から上がれば私が子どもたちに服を着せるので、友人もゆっくり着替えをすることができます。

そして私は帰宅後、子どもを寝かした後にお風呂に入ればいいだけなので非常に楽なんです。

もちろん逆に私の家で子どもをお風呂に入れることもあります。

ワンオペ育児のお風呂は本当に戦争だと思いますが、友達と協力しあうことで双方とも負担の軽減ができるんです。

お風呂だけでなく、夕飯を一緒に食べることでも負担の軽減ができますよね。

気ごころの知れた友人が近くにいる場合は、ぜひ友達と協力しあうことでママのストレスを減らしてみてください。

もっと夫を巻き込む

旦那さんに子育ての悩みを何も相談できずにいる場合は、もっと旦那さんも巻き込んでいきましょう。

「うちの旦那は話しても無駄」

「うちの旦那は全然わかってくれない」

そのような愚痴が聞こえてきそうですが、ただ話さないことには今の状況からは抜け出せません。

あなたが大変さを話さない限り、旦那さんは「嫁は子育てを問題なく行っている」と思ってしまします。

まさかあなたが子育てで莫大なストレスを感じているなんて想像もしていないでしょう。

男性はそのくらい鈍感なので、まずはあなたが旦那さんに訴えないことには事態は好転しないのです。

ただ男の人は頼られること自体は嬉しく感じるものなので、上手に持ち上げながら育児に巻き込んでいくことで旦那をイクメンに育てることも可能になります。

なので旦那が親らしく育つまでは少し根気がいりますが、イクメンになってさえしまえばあなたのストレスは大幅にカットできるので先行投資だと思って旦那を教育していきましょう。

旦那が進んで家事、育児をしてくれるようになる具体的な方法はこちらの記事で紹介しています。

【共働き夫の操り方】夫が自分から家事をするようになる魔法の言葉6選

共働き夫婦がストレスを抱えずに仲良く暮らすための8つの秘訣

趣味を作る

気分転換ができるような趣味を作るのもいいでしょう。

朝から晩まで子育てばかりしていると、色んな事が目につくので気になったり、イライラしたりしてしまいますよね。

しかし子育て以外に没頭できる趣味があれば、些細な事が気にならなくなります。

これは育児を放棄しているわけではなく、注意が適度に分散されるからなんですね。

私も長男の育休中にこのブログをはじめましたが、このブログを始めたことで気分転換できる時間を作れることができました。

また子育て中のイライラしたことなども、ブログに書くことで笑い話のように感じられるようになりました。

私にとってはブログという趣味は、自分の心を平穏に保つための必須アイテムといえます。

このように子育て以外に何かを趣味に持つことで気分転換ができますよ。

【スポンサーリンク】


心療内科に相談することも考えよう

どうしても子育てが辛いと感じる場合は心療内科を受診することも考えましょう。

子育てをしていて

・自分の子がかわいいと思えない。

・漠然とした不安で夜も眠れない。

・常にイライラしてしまう。

・最近笑っていない。

といった症状がある場合は、育児ノイローゼになっている可能性もあるので必ず医療機関に相談しましょう。

心療内科を受診することでカウンセリングを受けたり、夜ゆっくり眠れるように眠剤を処方してくれたりします。

そのような対処ができるため、あまりにも子育てが辛いと感じる時は心療内科を受診してみてくださいね。

育児ノイローゼになりやすい人ってどんな人?このような症状は要注意!

赤ちゃん育児の悩み、お気軽にご相談ください!

私は看護師として現在NICUで働いているので、普通の人よりは少しばかり赤ちゃん育児に詳しいです。

なのでTwitterからご相談いただければ、あなたのお役に立てるのではと思っております。

そのため

・人見知りだから子育てサークルは行きにくい。

・心療内科は抵抗がある。

・保健所に行くほどの悩みではない。

・情報交換できる友人はいない。

というママは、お気軽にTwitterからご相談ください。

また

「他の子と自分の子を比べてしまう」

「病院を受診した方がいいのか分からない」

「いつもより食欲が少ないから心配」

といった、どこに相談したらいいか分からないけど、不安で誰かに聞いてほしいという悩みなどもご連絡ください。

心療内科や保健所に行くって、結構勇気がいりますよね。

だけどTwitterなら保健所や心療内科に比べるとかなりハードルが低くなると思んです。

なので、ぜひとも私を利用してくださいね(*^-^*)

こちらのツイートをクリックしてもらえばTwitter画面に入れます。

ミント
プロフィールで子育て中の方というのが分かればフォロバしていますので、相談内容を他の人に知られたくないという場合は、DMでもかまいませんよ(*^-^*)

まとめ

子育ては綺麗ごとでは済まない事も多いため、どんなに愛くるしいわが子でも子育てがしんどいと感じてしまうことがありますよね。

それはあなたに原因があるわけではなく、子育て特有の色んな要因が重なっていることが原因です。

なので、あなた自身ができていないというわけではないので自信をなくさないでくださいね。

また育児ストレスを解消するための14の方法を紹介しているので、「これなら実践できそう」と思うものから取り入れてみてください。

1つ取り入れるだけでも、子育ての負担軽減を実感できると思いますよ。

子育ての5大ストレス

・何もかもが思い通りに進まない

・赤ちゃんに泣かれると責められている気持ちになる

・睡眠不足が平常心を破壊する

・小さなことが不安でたまらない

・感情的に叱ってしまったあとの自己嫌悪感

育児ストレス解消する14の方法

・まずは自分を褒めて自信を持つ!

・同じ境遇の友達と話をする

・イライラしたこと、辛いことをSNSに投稿してみる

・寝る時間を確保する

・家事をさぼる

・実家に帰る

・子育てサークルに参加する

・保健所や母乳外来に育児相談をする

・保育園の一時預かりを利用する

・友達と協力しあう

・もっと夫を巻き込む

・趣味を作る

・心療内科に相談することも考えよう

・赤ちゃん育児の悩み、お気軽にご相談ください!

【育児ストレスを軽減するための記事を集めました】

育児ノイローゼになりやすい人ってどんな人?このような症状は要注意!

専業主婦の知られざるストレスとは?漠然とした孤独感を解消する方法

【ワンオペ育児のイライラを解消】ワガママな子供を味方に変えよう!

【育児ノイローゼにならないみさえ流子育て】育児ストレスを劇的に減らす9つの秘訣

ワンオペ育児が当たり前と思ってません?ママの負担が減る4つの秘訣

ストレス発散大作戦!やり場のないイライラから解放される68の方法

疲れた。もう無理・・・折れそうな心を前向きにしてくれる13の方法

【こちらの記事は多くの人に読まれています】


【スポンサーリンク】


Pocket