Pocket

f:id:stellacafe7:20170802115923j:plain

子育てと仕事の両立をする場合、女性に多くの負担が偏りがちになります。

世の中では「イクメン」という言葉が定着しましたが、実際のところイクメンは少数派。

しかもたとえ旦那がイクメンであっても、子どもの風邪などで仕事を休むのはママになることが大半ですし、家事だって女性の方がなにかと気が付くので自然と女性に負担が偏ってしまいます。

そのため子育てと仕事の両立をする場合は、自分の負担を減らす方法を知っておく必要性があります。

ここではこれから子育てと仕事の両立をする女性の負担を減らすための情報をまとめていますので、ぜひ参考にしていただき色んな角度から負担を減らしていってください。

 家事は徹底的に時短しよう!

仕事、子育て、家事で一番手を抜きやすいのが家事です。

仕事は職場での対人関係、子育ては子どもとの対人関係があるので、相手の心がある以上、簡単に手を抜くことはできませんが家事は手を抜いても今後の生活に影響しません。

極端な話、食べ物さえ食べれたら家事をさぼっても死ぬことはないのです。

だから完璧を求めることはやめて、どんどん手を抜いて時間も短縮していきましょう。

家事の時短テクについてはこちらの記事をご覧ください。

家事の分担で大事なのは○○!

家事を旦那にも協力してもらいたければ家事を分担してはいけません。

夫婦で家事をするのに大切なのは『報・連・相』です。

どういうことかというと、完全に夫婦で役割分担をしてしまうと、残業が入った時や休日に予定が入った時に「役割を決めたのに、結局私がしてる!」「仕事のなんだから融通利かせてよ」といった不満が互いに生まれるようになるのです。

そのため家事の分担は一見公平性があるように見えますが、実は喧嘩の原因にもなりやすいのです。

家事分担せずに『報連相』を重視して家事をした場合は「洗濯物をたたんどくから、お風呂のお湯ためといて」など二人のコミュニケーションから臨機応変な対応が生まれていきます。

このやりとりがあると「私ばっかり」とか「仕事なんだから」といった不満につながることを防ぐことができます。

また夫婦間で一体感も生まれるので、夫婦仲も良好な状態をたもつことができます。


【スポンサーリンク】


旦那さんを上手に操ろう!

・旦那さんが家事に協力的じゃない。

・言ってもなかなか動いてくれない。

そのようなことに悩んでいるママが多いのですが、動かない旦那は言葉かけひとつ工夫するだけで別人のように変わります。

☟旦那が自ら家事をするようになる魔法の言葉をあなたも使いこなしましょう!

働きやすい職場で働こう

子育てしながら働く場合は給料より働きやすさを重視した職場選びをしましょう。

残業が多い、子どもの風邪で休めない、上司が理解してくれないとなると、あなた自身が大きなストレスを抱える原因になります。

またそのような職場の場合、子どもにも我慢させることが増えるので、子どもによっては情緒不安定になったり保育園で他の子を噛む、叩くといった問題行動を起こす場合もあります。

そうなると家族のだれにとっても幸せじゃないですよね。

ママが働きやすい職場で働いた場合、仕事と子育ての両立で生じやすいトラブルも難なく乗り越えていくことができます。

そしてママ自身がストレスを抱えにくい環境は、子どもにも精神的な安定を与えることができます。

ママが働きやすい職場ではたらくことは、家族の幸せにもつながっていくことなので職場選びは慎重にしましょう。

もし今の職場で理解が得られないのなら、部署の異動を希望したり転職も考えてみましょう。

働き方は柔軟に変えていこう

先ほどの続きになりますが、働く場所を選んだら次は働き方も考えましょう。

あなたの通勤時間や、保育園の預かり時間、帰ってからの家事の負担を考慮して、あなたの負担を減らすにはパート、時短、フルタイムどの形態で働くのが良いか考えましょう。

パート、時短、フルタイムそれぞれにメリット、デメリットがあります。

これらのメリット・デメリットというのは旦那の協力体制や周囲のサポート、子どもの人数や年齢によっても、メリットの方が強くなったりデメリットの方が強くなったりします。

そのためあなた自身にとって、どの雇用形態がいいのかじっくり考えてみましょう。

段取り上手になって残業をなくそう!

ママが働きやすい職場に就職できたとしても、100%残業がないという職場はなかなかなものです。

保育園のお迎えがある場合は、残務を他の人にお願いしなければいけないのですが、この「頼む」というのもストレスを感じるものです。

とくに頼む回数が増えれば増えるほど職場での肩身も狭くなってきます。

そのため仕事を時間内に終わらせるテクニックを身に付けましょう。

こちらの記事では仕事開始前の10分を使うだけで、残業がゼロになる段取りの仕方についてまとめています。

私自身、この方法を取り入れてから残業時間が劇的に減ったので、ぜひ参考にしてください。
【スポンサーリンク】


 仕事と子育ての両立で起こるトラブルに備えよう

仕事と子育ての両立をしていると

・残業で保育園のお迎えに間に合わない

・インフルエンザで5日間も休まないといけない

・子どもがぐずって朝の準備がすすまない

といった非常事態に直面することがあります。

いえ、この壁は誰もがぶつかる壁ともいえます。

そのため事前にある程度のトラブルを想定して「このような時はこうしよう」と備えておくことが大切です。

こちらの記事では仕事と子育てを両立する上で遭遇しやすいトラブルをまとめていますので、あなたも同じ状況に遭遇したらどうするか旦那さんと話し合っておきましょう。

ストレスとの上手な付き合い方を知ろう!

子育てだけでも大変なのに、ここに仕事も追加されるわけですからストレスがたまらないわけがありません。

なので上手にストレスを処理できる力も必要になります。

しかしワーママはストレスがたまっても、まず自分の時間を確保することが難しいですよね。

だからますますストレスが溜まるという悪循環に陥ります。

なのでワーママが自分の時間を確保するためにはどうしたらいいのか、ワーママが限られた時間の中でストレスを発散するにはどのような方法があるのかについてまとめました。

仕事と子育ての両立は長期戦です。

だから上手にストレスと付き合っていく術を身に付けましょう。

頑張らない方が上手くいくよ!

仕事と子育てを上手に両立するのに大事なことは「頑張らないこと」です。

・仕事場では子どもがいるからといって、みんなに迷惑をかけたくない。

・ワーママだからって子どもにさみしい思いをさせたくない。

・家事だって家族のために完璧にこなしてみせる。

このように全てに完璧を求めると途中で息切れしてしまいます。

仕事と子育てという長期戦を乗り切るには

・仕事では周囲の協力を得ながら、自分のできる範囲のことを精一杯する

・子育ては周囲の人の支えを借りながら、一緒に過ごす時間ではなく質を大事にする。

・家事なんて誰も見てないという気持ちで、もっと気楽に構える。

このような考え方の方があなたも家族も笑顔で過ごすことができますよ。

絶対に一人で全てをこなそうとして頑張らないでくださいね。

子育てと仕事の両立でイライラMAX!気持ちがスッと楽になる秘訣はコレ!

さいごに

仕事と子育ての両立はどうしても女性に負担がいきがちです。

しかし子育てと仕事の両立は長期戦!

なので一人で抱えて全てを頑張ろうとしたら絶対に息切れします。

なので上手に手を抜き、周囲の支えを借りながらあなたの負担を減らしていきましょう。

10年後、20年後、あなたたち家族が笑顔でいられるような子育てと仕事の両立を目指してください。

当ブログでは共働きママの負担を減らすための情報提供を行っています。

今後も家事も仕事も子育てももっともっと楽になる方法を発信していきますね!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】



【スポンサーリンク】


Pocket