Pocket

f:id:stellacafe7:20170807145106j:plain

子育ても仕事も家事もオシャレも完璧にこなすママのことを「キラキラママ」といって、インスタグラムなどでもよく見かけますよね。

あなたはこのようなキラキラママの情報を見て焦りや劣等感を感じていませんか?

キラキラママの存在により育児や仕事に対してプレッシャーを感じているママが急増しています。

だけどキラキラママを目指したってあなたも子どもも幸せにはなれません。

だってキラキラママというのはあいまいな他者評価でしかないから。

キラキラママよりもっと素敵で幸せな人生を送る方法、それは「のんびりママ」になることです。

今日はママと子どもが幸せになれるママ像ってどんなの?というお話です。

キラキラママに劣等感を持っているあなた、無理して作り上げているキラキラママより幸せになりましょう。

 キラキラママなんかならなくていい理由

そもそも完璧な育児なんて存在しない

キラキラママの定義として「子育ても仕事も家事もオシャレも完璧」というものがありますが、そもそも完璧な育児って何?という感じです。

よく理想の母親像として、

・しつけが行き届いている。

・知育に力を入れている。

・つねに笑顔で穏やか。

といったところがとりあげられますが、まず「完璧なしつけ」なんて存在しません。

だって「しつけ」のとらえ方なんて人によって千差万別なんですから。

「しつけ」という言葉に敏感になり「うちの子はじっとできない」「他の人にどう思われるか」ということを気にするママが多いのですが、そこは気にしないようにしましょう。

とくに2~3歳の子がじっとできないのは好奇心旺盛なのが原因です。

好奇心が抑えられないなんてとても素敵なことですよ。

子どもが何かに夢中になっている表情を見るたびに、子どもって本当に可能性の塊だなって思います。

それを他人の目を気にして抑え込むなんてもったいない!

それに「しつけ」のとらえ方は人それぞれ、自分が良かれと思ったことを批判してくる人もいます。

だからまず「完璧なしつけ」にとらわれることはやめましょう。

そして「知育」に関しても力を入れているからいい親というわけではありません。

そもそも子どもは好奇心旺盛な生き物なので、この世の全てが学びの場です。

だから1万円の知育玩具で遊んでいようと、公園の石ころで遊んでいようと、子どもにとったらとても新鮮な世界であり沢山の学びがある場所なんです。

大事なのは「どんな教育をしているか」ではなく「子どもの好奇心を満たせているか」です。

だから早期教育とか知育玩具といった形あるものに振り回されてはいけないし、それをしているママをみて焦りを感じる必要もありません。

そして常に笑顔で穏やかそうなママがいても「隣の芝生は青く見える」という言葉があるように、個人個人なにかしらの悩みを抱えているものです。

だから「あのママは順風満帆なのに、なんで私はこんなにできないんだろう」なんて悩む必要はありません。

きっと順風満帆に見えているママも色々と悩んでいると思いますよ。

それに子育てに一生懸命な人、子どもを愛している人ほど沢山のことで悩むものです。

だから「私は子育てで悩みなんてないし、幸せいっぱいよ~」というママの方が育児放棄のニオイすらして逆に心配になります。

あなたが悩んだり、怒ったりするのはそれだけ子育てに一生懸命だから。

あなたのその気持ちが一番キラキラ輝いていますよ!

「このように育児に完璧なんてありません。

だから「完璧な育児」を意識すること自体やめましょう。」
【スポンサーリンク】


仕事頑張ると離婚率高くなるよ?

仕事もバリバリ頑張るのがキラキラママの条件らしいですが、ママが仕事バリバリしすぎたら家庭崩壊しますよ。

これはあくまでも私の経験則でしかありませんが看護師は離婚率が高いです。

その中でも仕事をバリバリしている人ほど離婚率が高いし、子どもが荒れてるという話も多いんです。

もちろん仕事をバリバリしているけど家庭も安定しているという人もいるので一概にはいえませんが、ママが子ども以外のことに重きをおくというのは、子どもからすると寂しいことに違いはありません。

だから今仕事をバリバリして家庭も円満で、、、というキラキラママがいたとしても先のことは分からないし、子どもが我慢しているという可能性だってあります。

とくに家の中で「聞き分けの良い子」というのは、かなり我慢している可能性があります。

だからそのようなママを見て焦りを感じて、自分も仕事を頑張らなくちゃと張り合う必要はありません。

他のママを意識してしまうと、自分の子どもの気持ちに気づけなくなりますよ。

 家事の評価基準ってあるの?

完璧な家事って何なのでしょうか?

これもキラキラママの条件のようです。

毎日パーティのような食事を準備すること?

掃除は完璧に行き届いていること?

いやいや無理でしょ?

だってこれらをする場合、時間という物理的な要素が必要になりますもん。

仮に仕事から帰ってきて子どもを寝かすまでの時間が3時間あったとして、その間にご飯作って、食べさせて、お風呂入れて、知育に力入れて、、、で、そのご飯がパーティのようなご飯って物理的に無理じゃん!

これだけのことを毎日1人で効率よくできるなら本出したらベストセラーになりますよ。

話がそれましたが限られた時間でできることには限界があるし、この「家事」だってとらえ方はひとそれぞれです。

なにをどこまでしたら「完璧」かなんて評価基準はないので、家事に重きをおかないようにしましょう。

それより限られた時間は子どもと関わるために使ったほうが子どもは喜びますよ!

SNSの投稿って承認欲求が満たされていない証拠じゃないの?

キラキラママといえば「インスタグラム」ですね。

キラキラママのインスタグラムを見ては「ブルーになる」という話をよく聞きます。

相手の順調な生活と自分の生活を比較して凹んでしまうらしいですが、SNSなんて表面上の生活感しか分からないので、真に受ける必要はありません。

むしろSNSで自分のリア充ぶりを1日に何回もアップしているのは、自分の承認欲求が満たされていない表れでもあります。

承認欲求というのは「誰かに認められたい」「すごいといわれたい」という気持ちのことをいいますが、そのような気持ちが満たされていないからこそだれかの「いいね」がほしくて自分のリア充を全面に押し出すのです。

だからキラキラママのリア充生活をそのまま受け止める必要はありません。

「本当は寂しいのかな」と軽く受け流していきましょう。
【スポンサーリンク】


キラキラママはあいまいな他者評価でしかない

キラキラママというのは、あいまいな基準による他者評価でしかありません。

・完璧な子育て

・完璧な家事

・仕事への正しい姿勢

これらはあくまでも他者からみてどうかという基準になっています。

しかも人によってとらえ方が違うので、かなりあいまいな評価基準です。

そんなあいまいな定義のものを意識して翻弄されるなんて疲れるだけですし、その時間がもったいないです。

幸せは自分の中にある!のんびりママが一番幸せ!

幸せは他者評価によって得るものではなく、自分の中にあるものです。

もちろん子どもの幸せだって子どもの中にあります。

だからキラキラママを意識している間はママも子どもも幸せにはなれません。

なぜならキラキラママになろうと思うと、他者との比較や他者からの評価を常に気にしなけれいけませんし、それらはあなたや子どもの心を満たしてくれるものではないからです。

ではどうすれば幸せなママになれるのかというと「のんびりママ」になればいいのです。

子育てはママペース&子どもペース

のんびりママの子育てはマイペース。

他人の目を気にすることなく教育、しつけは自分の信念のもとで行います。

また子どものペースを大事にするので、できないことがあっても焦ることはありません。

子育てで大切なのは他者との比較ではなく、その子のペースに合わせること。

そしてその子の好奇心を大事にしてあげることです。

のんびりママになるとそれらが自然とできるようになるので、ママの満足度も高く、そして子どもも伸び伸びと成長することができるのです。

言うまでもなくのんびりママの方がママも子どもも幸福度が高くなります。

仕事との向き合い方だって自由でいいじゃん!

別に仕事に対する考え方だって自由でいいんですよ。

バリバリ働いて出世していくママがかっこいいみたいな風潮がありますが、別にみんながみんなバリバリ働きたいわけではないですよね。

私も家計の足しになる程度のお金が稼げたら、あとは子育てに専念したい派なんです。

だから出世を目指すママがかっこいいんだよ!みんなそこを目指そうよ!っていう空気が苦痛だし、政府の女性活躍推進とか別に望んでません(笑)

そんな私がキラキラママを意識するということは自分の理想する子育てと逆行することになってしまうんですよね。

そうしたら当然幸せなんかなれない。

あなたも自分の思い描くライフスタイルとか子育てがあると思います。

だから働き方もバリバリ仕事をすることが美学なんて思わずに、あなた自身がどうしたかを一番に考えるようにしましょう。

その方が家族みんなが笑顔あふれる毎日を送ることができますよ。

家事できなくて死んだ人なんていないよ!

子育てと仕事を両立しているママにとって、一番手を抜きやすいのが家事です。

その家事まで完璧を求めようとすると、疲労困憊で倒れてしまいますよ。

極端な話、人間は食べ物があれば生きられます。

家事ができなくて死んだ人なんていないのですから、そこに一生懸命になって貴重な時間を割いてしまうなんてやめましょう。

「家事なんてできなくても死ぬわけじゃないし~」という感じでドテンっと構えてしまいましょう!

【スポンサーリンク】


ワーママ必見の家事時短テク18選!家電が無くても家事はここまで楽になる!

子育ても仕事も家事ものんびりマイペースでいこう!

子育て、仕事、家事、これらすべての評価基準はあなたの中にあります。

そしてあなたと子どもが幸せをいっぱい感じるためには、あなたのペース、子どものペースで生活することが一番大切なんです。

だから子育ても仕事も家事も第三者から見てキラキラかどうかなんて気にせず、あなた自身が楽しいと思えるライフスタイルを送りましょう。

子育てと仕事の両立が無理だと感じている時に前向きになれる5つの方法

さいごに

キラキラママの定義はあいまいな他者評価でしかありません。

そして子育ても家事も「完璧」なんて存在しませんし、仕事との向き合い方だって自由です。

だからキラキラママを意識しても、それが幸せと結びつくわけではありません。

幸せになるためにはあなたのペース、子どものペースでのんびり子育てするのんびりママを目指しましょう。

幸せは自分の中にあることを忘れないでくださいね!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket