Pocket

共働きママにとってわが子の鍵っ子デビューというのは不安で不安で仕方がありませんよね。

・小学一年生から鍵っ子でも大丈夫?

・みんなはいつから鍵っ子してるの?

という点も気になります。

ここでは、

・小学一年生でも鍵っ子している子はいるのか。

・鍵っ子はどのようなトラブルが起きやすいのか。

・わが子が安全に鍵っ子生活を送れるようにするためにはどうしたらいいか。

についてまとめています。

ぜひお子さんが安全に鍵っ子生活を送れるように準備してあげてください。

小学一年生から鍵っ子にせざるを得ない事情

何年生なら鍵っ子でも大丈夫なのか気になるところですが、共働きが増えた現代において小学一年生でも鍵っ子にならざるを得ないというのが実際のところではないでしょうか?

たとえ学童を利用したとしても17時までしか預かってもらえないのでママの終業時刻が17時だった場合、子供に鍵を持たせざるを得ません。

もし鍵っ子にするのに抵抗があるなら退職や転職、雇用条件を変えるなどの対応が必要になります。

しかしこのような対応はその家庭の経済的事情もありますし、どれも簡単に行動を起こせるものでもありません。

そのため私の周囲のママ友や職場の先輩ママのほとんどが小学1年生から子供に鍵を持たせています。

逆にママがフルタイムで働いていても鍵を持たせていないのは近くにジジババがいる家庭くらいです。

今では共働き世帯が当たり前になってきているので、小学一年生を鍵っ子にするのは早い、遅いと議論する余地はなく、鍵っ子にならざるを得ないというのが実情です。

実際にあった鍵っ子トラブル

小学一年生から鍵っ子にならざるを得ないといっても、やはり想定外のトラブルが起こる可能性があります。

では実際にどのようなトラブルが起こりやすいのか、実際に私の周りであった事例を紹介します。

事例1 友達を家に入れていた

同僚のMさんの子供はママとの約束を破り友達を家に入れていました。

同僚のMさんの子供は学童を利用していましたが、Mさんも仕事が17時までだったので子供に鍵をもたせていました。

その際に子供と「絶対に誰も家にいれてはいけないよ」という約束をしていたのですが、Mさんが帰宅後、友達を家に連れ込んでいたのです。

子供としてはママにバレなければ大丈夫と思って、友達をよんでしまったようです。

事例2 学童に行っていなかった

元上司の子供は学童に行かず、友達の家にいっていたということがありました。

元上司は子供が小学1年生になった時に学童に入れていました。

しかしある日、職場に学童から「○○君が来ていません」という連絡が入ったんです。

上司は慌てて子供の友達のお母さん達に電話をかけていました。

結局、子供は学童には行かずに友達の家に遊びに行ってしまっていたことが判明しました。

仲の良い友達たちが放課後みんなで遊ぶ約束をしていたのが羨ましかったらしく、自分も友達の集まりに行ってしまったようです。

事例3 夜遅くまで一人で公園で遊んでいた

友人の子供は門限を決めていなかったため、日が暮れた後も一人で公園で遊んでいたということがありました。

友人Iの子供もママがフルタイムだったので学童の後一人で留守番しなければいけなかったのですが、その際に門限などの約束をしていませんでした。

そのため一人で留守番するのが寂しかったIの子供は一人で公園で遊んでいたのです。

ママが残業で遅くなった日は、19時を回っても公園で一人で過ごすということもあったようです。

当時、冬だったので19時というと真っ暗。

Iは近所の人に指摘され、子供に学童後はまっすぐ家に帰るように約束していました。

共働きが子どもに与える影響とは?悪影響を与える本当の理由はコレ!

事例4 不審者に襲われそうになった

これは私が小学生の時に同級生の子で実際におきたことです。

その子は当時小学4年生だったのですが、家の鍵を開けて家に入ろうとした際に後ろから知らない男の人が強引に一緒に入ろうとしてきました。

その子はなんとか自力で玄関のドアを閉めることができたため大事にはいたりませんでした。

安全に鍵っ子デビューするための3つの注意点とは?

先程紹介した事例の話を聞くとママはさらに不安に感じたかもしれませんが、大事なのはどのようなことが起こりうるのかを知り対策をうつことです。

子供が安全に鍵っ子生活を送るために注意したい3つのポイントについてお話します。

子供の寂しい気持ちを理解する

鍵っ子の「寂しい」という気持ちを受け止めてあげるようにしましょう。

事例1~3のような行動は「寂しい」という気持ちの表れという風にもみてとれます。

そのため子供の寂しいという気持ちを受け止め、仕事から帰ったら子供の話を沢山きいてあげたり、たまには平日に休みをとって家で待っていてあげるといった対応も重要だということが考えられます。

気付いて!鍵っ子が抱える寂しい気持ち。日頃の愛情が大切なんです。

子供との約束を取り決める

門限など子供に守ってほしい約束は事前にしっかり取り決めしておきましょう。

ただ事例1のように約束していてもそれを破ってしまうこともあります。

もちろん約束を破ることはダメなことですが、子供の「寂しい」という気持ちを理解してあげる気持ちも忘れてはいけません。

ママ自身にも「不審な人を連れ込んだわけじゃなくて良かった」とプラスに切り替える心の余裕が必要になります。

防犯教育をしっかりしておく

子供には不審者に狙われた時の対処法などの防犯教育をしっかりしておきましょう。

一番心配なのが事例4のような事件の被害にあうことです。

これに関してはしっかりと防犯教育をしておく必要があります。

鍵っ子になる前に教えておきたい防犯知識についてはこちらの記事でまとめていますので、必ずお子さんに教えてあげてください。

鍵っ子デビューするわが子が安全に留守番するための16の防犯リスト

さいごに

小学一年生でも鍵っ子にならざるを得ないという家庭が増えていますが、小学一年生でも安全に鍵っ子生活を送れるようにするためには、

・約束事を取り決める

・子供の「寂しい」という気持ちを日頃からケアする

・防犯教育をしっかり行う

この3つが大切になります。

あなたのお子さん自身が安全に鍵っ子生活を送れるような環境を整えてあげてください。

追伸;小1の壁は在宅ワークを取り入れることで解決できる場合があります。

小1の壁は在宅ワークで乗り越えろ!在宅で月20万円稼ぐ方法はコレ!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket