Pocket

赤ちゃんを子育て中のママさん、授乳室を利用する際のに注意点をご存知でしょうか?

赤ちゃんを育てていると、買い物途中のおむつ交換や授乳で店内の授乳室を利用することがありますよね。

実はこの授乳室が犯罪者に狙われているんです。

授乳室というのは、密室で女性しかいない場所。

しかも犯罪者は子供を抱っこしている母親はむやみやたらに抵抗しないことを分かっているんです。

ここではどのようにして犯罪者は授乳室を狙っているのかを説明しますので、犯罪から自分の身を守ってください。

授乳室でどのようにして犯罪が起こるのか

娘を出産後、知人から「授乳室使う時は気を付けや。結構変な人が狙ってるから。」という話をされました。

その知人はショッピングモール内にある美容院で働いているのですが、その美容院の正面には授乳室が設置されています。

そしてその授乳室で実際に事件が起きました。

授乳室の前ってパパが座って待てるようにかどうか知りませんが椅子が設置されていることが多いですよね。

不審者はその椅子に長時間待機して、ママが赤ちゃんを連れて授乳室に入る時に後ろから強引に一緒に入るという手口を使ったようです。

その事件があって移行、そのショッピングモールでは授乳室の個室ひとつずつに呼び出しボタンが設置されました。

また警備を強化したり、授乳室の正面の美容院で働いている美容師さんたちも注意してみているようです。

しかしそのような対策をしていますが、事件後も怪しい男性が授乳室の前をうろついているのを何度も目撃されています。

私はその知人に「怪しいっていっても、ただ座ってるかもしれへんくない?」と尋ねると、「男性が長時間ずっと座ってたら、とりあえず警備員に連絡して巡回してもらうようにしてるねん。不審者は警備員が来た途端に去っていくからすぐに分かる」と言っていました。

【スポンサーリンク】


関西国際空港で不審者に遭遇!

そのような話を知人から聞いていた私ですが、娘が1歳8か月の時に関空の授乳室で不審者に遭遇しました。

飛行機に乗る前に娘のおむつを替えておこうと思い、授乳室に向かったのです。

関空のとある授乳室は、うす暗い通路を通り人気の全くないような場所に設置されていました。

そして娘を連れて授乳室に入ったら、授乳室の手前に設置されているオムツ交換エリアに40代くらいの男性がたった一人で立っていました。

授乳室からは人の気配が全くなかったので、ママの授乳を待っているという訳でもなさそうでした。

私は「あれ?なんだこの人?」と不思議に思いながらも、状況がいまいち把握できませんでした。

その直後に旦那が「おしりふき忘れてんぞ」といって、オムツ交換エリアに入ってきました。(このエリアまでは男性も入れます)

するとその男性はいきなり挙動不審になって、走って授乳室を出ていったのです。

「目が泳ぐ」という言葉をそのまま表現したかのよう目をしていました。

そのあと授乳室内を見渡しましたが、やはり妻らしき女性も子供もいませんでした。

授乳室、マジで危険っ!

あの時、旦那が後ろから入ってこなかったらと思うと本当に怖いです。

授乳室で犯罪に合わないための注意点

授乳室は不審者に狙われやすいので、防犯意識を持つ必要があります。

そのためこれから説明する点に注意するようにしましょう。

人通りの少ない場所に設置された授乳室は避ける

人通りの少ない授乳室はそれだけで犯罪者に狙われやすいですし、もし何かあった時も助けを求めることができません。

そのため人通りの多い授乳室や、係員が常駐している授乳室(百貨店だと常駐していることが多い)を利用するようにしましょう。

授乳室付近のベンチに怪しい人がいないか注意する

不審者は授乳室付近のベンチに座って、チャンスを狙っています。

そのため授乳室付近に怪しい人がいないかもチェックするようにしましょう。

ママの授乳を待っているパパと不審者の違いってパッと見ても結構分かるとおもいますが、確信が持てない時は別の授乳室を使いましょう。

背後に注意する

自分の背後に不審者がいないか注意を払いましょう。

犯罪者はあなたが授乳室に入る瞬間を狙って、後ろから一緒に入ろうとしてきます。

そのため授乳室に入る前に、自分の近くに不審な人がいないか確認するようにしましょう。

パパがいる時はパパに見張り役をしてもらう

パパも一緒に出掛けている時は授乳室の前で待っててもらうようにした方がより安全です。

特にひと気のない場所に設置された授乳室を使う時は、「俺、本屋いってきていい?」と言われても付き添ってもらうようにしましょう。

授乳室だけじゃなくてトイレも同じく注意しよう!

少し前に防犯に関するテレビ番組で、公衆のトイレもトイレ付近のベンチでチャンスをうかがって女性をトイレの個室に連れ込むという手法で犯罪が起きているといっていました。

そのため授乳室だけではなく、トイレも同じように注意する必要がありますし、子供にも防犯教育をしていく必要があります。


【スポンサーリンク】


さいごに

子連れママのために綺麗で設備の整っている授乳室が増えました。

ママにとっては本当にありがたいことですが、このお店のやさしさを悪用する人も存在します。

犯罪被害にあわないためにも、授乳室を利用する際は防犯意識をもちましょう。

またちいさな赤ちゃんがいる友達などにも、このことを教えてあげて下さい。

知っているだけで防げる犯罪というのは沢山あります。

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket