Pocket

共働きママの夕飯の支度をお手伝いするべく、時短料理レシピをまとめました!

時短料理といえば冷凍レシピやシリコンスチーマーに調理キットなどさまざまな方法がありますよね。

今回はそのような時短料理テクを総まとめにしたレシピ記事を作りました。

色んな時短料理テクを組み合わせて活用することで、調理時間を短いままに料理の幅を広げることができますし家計の節約にもつなげることができるんです。

ママの負担を減らしながらそれでいて栄養満点のご飯をお子さんに食べさせてあげましょう。

節約にもなる冷凍レシピ

働くママにぜひとも取り入れてほしいのが冷凍レシピです。

週末に野菜や肉、魚を大量に購入してカットしたり、味付けをしたりした状態でジップロックに入れて冷凍しておきます。

野菜を切る時間が短縮できたらかなりの時短になりますし、洗い物を減らすこともできるんです。

カット野菜は大根+ニンジン、小松菜+うす揚げなど複数の野菜を組合わせて冷凍することで、お味噌汁の具としてそのまま使えるようにしておくと便利です。

このようなカット野菜は必要な分だけ取り分けができるのもメリットの一つです。

お肉も冷凍する際に味付けしておくことで、調理は焼くだけでOKという状態にすることができます。

この冷凍レシピは調理時間を圧倒的に短くするだけではなく、節約にもつながります。

私は週末にキロ単位でお肉を購入し、お肉だけでも6回分くらいのストックを作っています。

こうすることで平日に買い物する必要をなくしています。

買い物に行く回数が増えれば増えるほど無駄な買い物をしてしまうので、冷凍レシピを取り入れることで買い物に行く回数を減らすことができれば、必然的に一週間の食費も節約できるんです。

余談になりますが、私が27歳で1000万円貯金できたのはこのようなレシピを活用したのも一つの要素といえます。

【貯金術】共働き世帯年収750万円でも簡単に年間100万円貯金する8つの方法

話は戻りますが、このような節約にもつながる冷凍レシピの詳細はこちら

5分でできるおつまみレシピ

5分で簡単な料理ができたらうれしいですよね。

子供が「お腹空いた~」と言ってくる時は、とりあえずこのおかずを作って子供に食べさせておくこともできます。

「おつまみレシピ」の名前通りお酒に合うメニューを紹介していますが、子供のおかずとしてもピッタリなラインナップにしていますので日々の食事にも活用してください(´∀`*)ウフフ

5分でできるおつまみレシピはこちら

洗い物を最小限に!5分でできるどんぶりレシピ

またもや5分でできるレシピ!どんぶりバージョンです!

丼ものは洗い物を少なくできるのが嬉しいですよね。

それに子供ウケも抜群です。

今回はそんな優秀な丼ものの中でも5分で作れちゃうレシピだけを揃えてみました!

5分でできるどんぶりレシピはこちら

調理の幅が広がるシリコンスチーマー

シリコンスチーマーはもう使われていますか?

シリコンスチーマーなら朝に食材を切っておいて、帰ってきてから電子レンジでチンするだけで一品完成するんです。

シリコンスチーマーならこれ一つで鍋、ボウル、お皿の3役をこなしてもらうこともできるので圧倒的に洗い物を少なくできますよ。

さっきから何度も「洗い物を減らせる」というのを押していますが、働くママの負担を減らすためにはいかに洗い物を減らすかも大事なポイントですからね(;^ω^)

シリコンスチーマーは簡単な料理だけではなくて、アクアパッツァや炊き込みご飯なども作れるんです。

平日も手軽に色んな料理を子供に食べさせたいというママはシリコンスチーマーを活用しましょう。

シリコンスチーマーレシピはこちら

焼くだけでOK!調理キット

最近流行りの焼くだけ、混ぜるだけで料理が作れる調理キットをご存知ですか?

調理キットなら業者が必要な材料をあなたの自宅に届けてくれるので、買い出しに行く必要はありません。

さらには献立も業者が考えてくれるので、献立を考えるストレスからも解放されるんです。

私も調理キットを活用しましたが、献立を考えなくていい、買い物しなくていいという解放感は最高です。

それにこのような調理キットは20~30分で完成できるように構成されているので、調理時間自体短く済みます。

調理キットはお得にお試し体験ができるので、一度利用してみるのもいいでしょう。

調理キットを利用した際の体験談はこちら

キットオイシックス体験談

ヨシケイ体験談

もはや作らない!0円で外食する裏技

いっそのこと外食をしてしまうのはどうでしょうか?

誰かにご飯を作ってもらって片付けまでしてもらえる。

これ以上に楽なことはないのですからたまには外食で楽しましょう。

ただ外食するとお金がかかるというデメリットがありますよね。

実はこの家計を圧迫する外食費をゼロ円にする裏技があるんです。

しかも大手チェーン店でも利用することができます。

もちろん怪しいことなど一切なくて、知っている人だけが利用しているあるモノを使うんです。

0円で外食する裏技はこちら

時短料理テクを組み合わせて使いこなそう!

以上のような様々な時短料理テクをご紹介してきましたが、この時短テクを色々組み合わせることで時短料理なのに手抜き感がなくて栄養たっぷりのご飯を子供に食べさせてあげることができます。

丼ぶり+冷凍レシピの味噌汁

丼ぶりは簡単に作れますがそれだけだと摂取できる野菜の量も限られてしまいますよね。

そんな時は冷凍レシピで具沢山お味噌汁を作りましょう。

5分でできるどんぶりレシピはこちら

冷凍レシピはこちら

冷凍レシピのお肉+5分おつまみ2つ

冷凍レシピの味付き肉の場合、調理は焼くだけでいいのでそのお肉を焼いている時間に5分でできるおつまみレシピを2品くらい作っちゃいましょう。

これで3品が簡単にできあがります。

冷凍レシピはこちら

5分でできるどんぶりレシピはこちら

丼ぶり+シリコンスチーマー

丼ぶりの付け合わせとしてシリコンスチーマーでもう一品作るというのもありです。

ほうれん草の和え物などはシリコンスチーマーを使うと、電子レンジでチンするだけで完成します。

5分でできるどんぶりレシピはこちら

シリコンスチーマーレシピはこちら

冷凍レシピのお肉+シリコンスチーマー

冷凍レシピのお肉とシリコンスチーマーでおかずを作るのもいいでしょう。

シリコンスチーマーならアクアパッツァも簡単に作れるので、平日でもちょっとオシャレな食卓にすることも可能です。

シリコンスチーマーレシピはこちら

冷凍レシピはこちら

さいごに

働くママにとって帰宅後から食事、お風呂までの時間は一番忙しい時間帯ですよね。

ぜひ今回ご紹介した時短レシピを活用し、夕飯の支度を簡単に済ませていってください。

料理時間が短縮できればママ自身のストレスが減りますし、家族との時間の確保にもつながります。

時短料理はママにとっても家族にとっても良いことずくめなんです。

あと、家事全般の時短テクニックはこちらをご覧ください。

ワーママ必見の家事時短テク18選!家電が無くても家事はここまで楽になる!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket