Pocket

f:id:stellacafe7:20170714111535j:plain

 

育休明けが近づいてくると復帰に向けて時短勤務にするかフルタイムにするか悩みますよね。

ですがあなたは時短勤務についてどこまで詳しく理解していますか?

給料のこと、キャリアのこと、将来の年金のこと。

きちんと理解しないままに時短勤務を選択するとあとあと後悔することになりかねません。

ここでは時短勤務について詳しく解説しますので、これらのことを踏まえたうえで時短勤務にするかフルタイムにするか考えましょう。

 時短勤務制度ってなに?

時短勤務制度は育児や介護をしている人が、育児・介護と仕事を両立できるようにするために作られた制度で、育児介護休業法によって定められています。

育児・介護休業法について |厚生労働省

時短勤務制度は3歳までの子どもを養育している労働者に対し、勤務時間の短縮をしなければいけないというものです。

また3歳から小学校就学までの子を養育している労働者に対しても勤務時間の短縮の努力をしなければいけません。

(3歳から小学校までは会社の努力義務であり、実際は3歳までしか利用できない会社がほとんどです。)

時短勤務制度を利用した場合、以下のようなことが可能になります。

・一日の労働時間を短くする→(例)勤務時間を9時~17時→9時から16時にするなどが可能になります。

・週または月の所定労働時間を短縮する制度

・週または月の所定労働日数を短縮する制度→隔日出勤や毎週水曜日は休みにするといったことが可能になります。

*これらは労働時間が一日実働6時間 週3日以上であれが適応されます。

時短勤務制度とは異なりますが、

・フレックス制度を利用する。

・始業時間、終業時間の繰り上げ、繰り下げ。

これらも介護育児休業法によって認められています。

 時短勤務を利用する場合、条件はあるの?

時短勤務を利用する際の条件は

・3歳未満の子どもを育てている。

・週3日、一日6時間以上働く。

・育児をすることを目的としている

・一年以上雇用されている。

となっています。
【スポンサーリンク】


 産休前はパートだったけど時短勤務できるの?

その会社に一年以上働いている場合、パートでも利用することができます。

ただ産休前に一日6時間以上、週3日以上働いていた場合に限られます。

 時短勤務のメリットは?

時短勤務で働くことのメリットは子育てと仕事の両立がしやすいという点です。

子育てしながら職場復帰するのは本当に大変で、朝の支度も帰宅後のご飯の準備も今まで通りにすすまないことが多いです。

そのため1時間でも早く帰宅できるというのは、ワーママにとって大きな負担の軽減になります。

ママ自身が時間にゆとりを持てると、子どもにも優しく接することができますし、家の雰囲気も柔らかくなります。

また1年間休んでいたママにとって職場復帰は大きなストレスになるでしょう。

そのため時短勤務を利用することで少しずつ体を慣らしていくということも可能になります。

 時短勤務中の給料ってどうなるの?

時短勤務中に短縮された時間の給料は法律では保証されていません。

そのため多くの会社ではあなたの給料を時給換算し、短縮した時間分の時給を差し引く形をとっています。

給料に関する規定は会社によっても異なるため、一度職場に聞いてみましょう。

 時短勤務は定時に帰れるの?

法律では時短勤務を利用している人に対して、時間外労働をさせてはいけないとなっています。

また時短勤務中は残業しても残業代が支払われません。

しかしながら「仕事が終わらない」「周囲の目が気になる」という理由で残業している人が多くいます。

そのため残業が気になる場合は、残業のない部署に異動させてもらうなど、職場に相談してみるのもひとつです。

➤女性が働きやすい職場の8つの特徴!職場選びで失敗しないたったひとつの方法

 時短勤務になると今までのキャリアはどうなるの?

法律では時短勤務を申し出たものに対して、そのことを理由に不利益な扱いをしてはいけないとなっています。

しかし実際は時短勤務になったことで役職を外されたり、周囲から新人と同様の扱いをされたりということが起きています。

もしあなたも時短勤務で復帰する際に降格を言われ、その内容に納得できないということが生じた場合は労基署や法テラスに相談してみるのもいいでしょう。

法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

ただ私個人の意見としては、役職に関しては時短によってその仕事ができないのであれば、降格も仕方ないのではないかと思います。

また今後のキャリアアップに関しても、時短制度利用中はフルタイムの職員より物理的にできないことも多くなるのでキャリアアップは難しくなります。

ただフルタイムにはいつでも戻れますし、そこから頑張ってもいいのではないかなと思います。

キャリアに関してはあなた自身が仕事を優先したいか、家庭を優先したいかでとらえ方が変わってきます。

時短勤務を職場に拒否されることはあるの?

時短勤務制度は全ての会社で義務化されています。

もし拒否されるようなことがあった場合は、労基署や法テラスに相談しましょう。

法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ


【スポンサーリンク】


時短勤務をしていた間の年金はどうなるの?

時短勤務中は給料が減る分、納める年金額が減るので本来なら将来受け取れる受給額が減ります。

しかしこの年金に関しては養育特例の手続きをすることで年金額が下がるという事態を回避することができるんです。

養育特例の手続きをすると時短勤務によって月収が下がった場合でも、月収が下がる前の金額分の年金を収めたことになるんです!

しかも実際に支払う年金額は、今の下がった給料に見合った金額で構いません。

例を出して説明すると、

今まで毎月30万円稼いでいた人の場合、その30万円という金額に対して年金支払額が算出され、また将来受け取れる年金額も決まります。

しかしその人が時短勤務を利用したことで月収20万円になったとします。

そうするとその間は月収20万円に対して年金支払額が算出され、将来受け取れる金額もそれに見合った金額となってしまいます。

ここで養育特例の手続きをします。

すると時短勤務により月収20万円になった場合でも、将来受け取れる年金額は月収30万円の時と同様に計算されます。

しかも月収20万円の間、支払う年金額は20万円の給料に対しての金額のみで構わないのです。

もし将来の年金のことを気にしてフルタイムに戻るか考えているのなら、役所に行って手続きをすることで問題を解決することができます。

ちなみにこの養育特例は、パパが子育てのために残業をなくしたことで月収が下がったという場合も適応されますよ。

共働きなら知っておきたい扶養の話。子どもの扶養、税金、保険etc

さいごに

時短勤務制度は子育てと仕事を両立する上で大変助かる制度です。

ただ給料面やキャリアアップ、将来の年金のことを知らないまま利用すると「こんなはずじゃなかった!」となりかねません。

そのため時短勤務を決断する前に時短制度について詳しく理解し、気になる点は会社に確認しておくようにしましょう。

また時短勤務を利用する際は、養育特例の手続きはしないと損なので忘れずに役所にいって手続きをしてくださいね!

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket