Pocket

突然、子供が発熱するととても不安になりますよね。

・今すぐ病院に行った方がいいの?

・体は冷やした方がいいの?

・解熱剤は使っていいの?

沢山の分からないことがさらにママを不安にさせていると思います。

そのようなママの不安を解消するため、看護師の私が子供の発熱時の対応方法について解説します。

ここでは受診の目安、解熱剤の使用の目安、看病中の注意点をはじめ保育園に通っている子供の通園再開の目安についてもまとめています。

子供の発熱時の対処法を知り落ち着いて看病してあげてください。

まずは落ち着いて!子供の状態を確認しよう!

子供に熱が出たら慌ててしまうかと思いますがまずは落ち着いてください。

今すぐ受診すべきなのか、家で様子を見ても良いのかはその子の状態によって異なります。

また子供は平熱自体が高く37.5度までは平熱としてとらえられています。

40度程度の熱が出た場合は特に不安になるかと思いますが、40度の熱があっても今すぐ病院に行くべき状況の時と、家で様子を見ていい時に分かれます。

脳へのダメージを心配されるかもしれませんが、41度以下の場合なら脳がダメージを受けるとは考えにくいので安心してください。

そのため慌てずに落ち着いて子どもの様子をしっかり確認していきましょう。

幼児の発熱時の対処法

こんな時はすぐに病院へ

38度以上の熱があり、かつ以下のような症状がある時はすぐに病院を受診しましょう。

・意識がもうろうとしている

・声を掛けても反応がない

・けいれん、ひきつけを起こしている

・嘔吐してぐったりしている

・呼吸が苦しそう

・顔色が悪い

・水分を摂取できていない

・長時間おしっこが出ていない

これらの症状がある時はすぐに受診しましょう。

また今の段階ではこのような症状がない場合でも今後出てくる可能性があります。

そのため万が一に備えて夜間診療している病院などを確認しておきましょう。

不安な場合は、こちらの【子ども救急】をご利用ください。

子ども救急】は日本小児科学会が作ったサイトで、今のお子さんの症状を入力することで受診すべきかどうか教えてくれます。

【スポンサーリンク】


こんな時は様子をみよう

もし38度以上の熱があった場合でも、

・子供の機嫌が良い

・水分・食事の摂取ができている

という場合は様子を見て大丈夫です。

しかし3日以上高熱が続く場合は感染症の可能性があるので、熱が3日以上続く場合は受診しましょう。

解熱剤は使うべき?

子供の場合、熱があるからといってすぐに解熱剤を使用する必要はありません。

そもそもなぜ熱が出るのかといいますと、体の中に入った細菌やばい菌を体がやっつけようとしているためです。

そのため発熱は自分の体を守ろうとしているサインなんです。

なので発熱は無理に下げる必要はありません。

むしろ体の中の細菌やウイルスをやっつけるためには、むやみやたらに熱を下げない方がいいのです。

ではどのような場合に解熱剤を使用するのかというと、子供が発熱によりぐったりしていたりグズグズ機嫌が悪い時です。

そのような場合は、体力を消耗してしまっていることが考えられますので解熱剤を使用して安静を保てるようにしてあげましょう。

ただ解熱剤は家にある常備薬を自己判断で与えるというのは絶対に避けてください。

子供の薬の事故で多いのが、大人用のバファリンを子供に飲ませてしまうというものです。

子供が大人用のバファリンを飲んだ場合、バファリンに含まれるアスピリンという成分によってショックを起こす場合があります。

このような事故を防ぐためにも必ず使用する薬は小児科で処方されたもの、薬局で子供にも使えると確認できているものを使用してください。

また以下でも説明しますが解熱剤は熱が上がりきった時に使用するようにしましょう。

幼児の発熱時に注意したい7つのポイント

子供の発熱の看病をする際に注意したいポイントについてお話します。

安静

まずは安静を保ちましょう。

ただ熱があっても子供に活気がある場合は大人しく寝てくれない場合もあると思います。

その時は無理やり寝かせなくて大丈夫です。

無理やり寝かせようとすると逆に機嫌が悪くなり体力を消耗するので、本人が機嫌よく過ごせるようにしてあげてください。

もちろん外へ遊びにいくなどはしてはいけませんが、DVDを見たり、人形遊びをしたり本人が機嫌よく過ごせる範囲で安静を保つようにしてあげてください。

水分補給

体調不良の時は食欲が落ちる場合もありますが、水分だけはしっかりと摂取させてください。

水分が摂れていない場合、脱水になる危険性が出てきます。

特に食事が一切取れていない場合は、OS-1などによる電解質の摂取も必要となります。

機嫌が悪くなかなか水分が摂れない場合は、ジュースなどでも全く問題ありません。

本人が飲めるものを飲ましてあげてください。

寒がっている時は温めてあげて

これからまだまだ熱が上がる場合、子供は寒がり震える場合があります。

そのような場合は温めてあげてください。

その時点で熱があったとしてもまだ冷やす必要はありません。

この段階で冷えピタなどを使用するとさらに寒さを感じるので、この段階では温めてあげることが大切です。

冷えピタは熱が上がりきってから使おう

冷えピタや氷枕は熱が上がりきってから使用しましょう。

熱が上がりきると子供は寒さを訴えるのをやめ震えもなくなります。

そして体全体に熱感が出てきます。

そのようになってから体を冷やしてあげましょう。

冷えピタやタオルに包んだ小さな保冷剤を首や、わき、足の付け根といった太い血管が通っている部分にあててあげると効果的です。

ただ小さな子供のおでこに冷えピタを貼る場合は注意が必要になります。

というのも親が目を離した間に、自分で冷えピタを外し口に入れたり、冷えピタで自分の鼻口を塞いでしまうという危険が出てくるからです。

そのため冷えピタは子供が自分で外せないような貼り方をするか、親の目の届く範囲で使うようにしましょう。

熱が上がりきった後は汗を沢山かくと思うので、薄着にして汗を小まめに拭き着替えをさせてあげましょう。

解熱剤を使用する場合はこの時点になってから使用します。

しっかり熱が上がりきってから使用することで、より効果的に解熱させることができます。

【スポンサーリンク】


自己判断で薬を与えるのはダメ!

先程も話ましたが、自己判断で薬をあげるのは避けましょう。

薬の成分によっては子供に使ってはいけないものなどもあるため、自己判断で解熱剤を使用するのは非常に危険です。

しんどくてグズりますがイライラしないで

子供は体調が悪い場合グズグズと機嫌が悪くなりますが、それを受けてイライラしないように注意しましょう。

はじめは風邪でかわいそうだと思っていても、ずーっと子供の機嫌が悪い場合、どうしてもイライラしてしまいますよね。

ただここでイライラしてしまうと、さらに子供の機嫌が悪くなるという悪循環になりますので落ち着いて対応するように心がけましょう。

不安は一人で抱えないで!#8000を利用しよう

不安な時は一人で抱えないようにしましょう。

受診の目安は先ほど説明しましたが、それに当てはまらなくてもママが不安な場合は受診していいんです。

また夜間、休日は厚生労働省が運営している小児救急電話相談というものがあります。

#8000」に電話すると小児医師、看護師が電話で相談にのってくれます。

そのため近所のクリニックが終了している時間の場合は、このような電話相談を利用しましょう。

保育園はどうすればいい?

もしお子さんが保育園に通っている場合は少し対応が変わってきますので、その点についても説明します。

熱が出たら保育園を休んで受診を

子供が発熱した場合は保育園を休んで受診しましょう。

保育園は他の子に風邪をうつさないように注意を払っているので、感染症にはとても敏感です。

そのため「仕事が休めないから」と強行突破で保育園に子供を預けるということはしてはいけません。

また発熱時は受診して感染症じゃないかの診断をしてもらうようにいわれますので受診が必要になります。

翌日には解熱したという時は子供の様子をみて判断

昨夜まで熱があったけど朝には熱が下がっているという場合、保育園に行くかどうかは子供の様子をみて判断しましょう。

しっかり夜も寝れていて活気もあり、ご飯も食べているなら保育園に行かせるという判断もありますが、夜しんどくて全然眠れていない、ご飯も食べれていないという場合は大事をとってもう一日休むようにしましょう。

またもし保育園に行く場合でも、朝の時点で熱が下がっているからといって大丈夫というわけではありません。

夕方に再び熱が上がってくるという場合もあるので、保育園からお迎えコールがくるかもしれないというつもりでいましょう。

こんな時は小児科の登園許可証がいります!

たとえ熱が下がっても小児科の登園許可証がないと保育園に行ってはいけないという場合があります。

そのため以下の感染症と診断されている場合は、熱が下がってから再度受診し医師に登園許可証を書いてもらいましょう。

これを持たずに保育園に行っても門前払いされてしまうので、注意が必要です。

風邪の種類 通園再開が可能となる時期
はしか 解熱後3日経ってから
インフルエンザ 発症5日を経過し、かつ解熱後3日経ってから
水ぼうそう すべての発疹が痂皮化してから
おたふくかぜ リンパ節の腫れが出てきてから5日経過し、元気になってから
咽頭結膜炎 症状がなくなってから2日経過してから
流行性結膜炎 結膜炎の症状が消失してから
百日咳 特有の咳が消失するまで、または5日間の抗生剤治療が修了してから
急性出血性結腸炎 医師が感染のリスクがないと診断されてから
髄膜炎菌性髄膜炎 医師が感染のリスクがないと診断されてから
腸管出血性大腸菌感染症 症状が治まり、かつ抗菌剤治療が終わっていること。

そして48時間を開けて連続2回検便でも菌が確認されなくなってから

参考:http://cawaiku.com/child/sick/school-permit-sick-1942

【スポンサーリンク】


さいごに

突然子どもが発熱するとママはとても驚いてしまうと思いますが、落ち着いて対応していきましょう。

急いで受診すべきなのか、家で様子をみていていいのかなどは子供の状態によって変わってきます。

もし自分で判断するのが怖い時は小児救急のサイトを活用しましょう。

それでも不安な場合は受診してもいいんです。

小児科はママ達の育児不安を軽減するための場所でもあるのですから、不安は一人で抱えないでくださいね。

子供が薬を飲まない時のコツはコレ!薬を飲む確率がグッと高まります 

子供のインフルエンザ対処法!いつ受診すべき?解熱剤は使っていいの?

赤ちゃんの急な発熱対処法!看護師が教える病院で受診が必要な境界線

 

【こちらの記事は多くの方に読まれています。】

Pocket