Pocket

f:id:stellacafe7:20170308095916j:plain

最近CMやニュースなどでも見かけることが増えた「ビットコイン」について、超初心者の方に向けて分かりやすく解説します。

ビットコインをはじめとする「仮想通貨」って、「仮想通貨」という言葉そのものが怪しさ満点ですよね。

でもビットコインを「怪しい」「危険」と言っているのは、いまや先進国の中では日本くらいなんです。

実はあなたの知らないところでビットコインは世界中でものすごい勢いで普及しています。

また世界の中で遅れをとっている日本ですが、その日本でもビックカメラやマルイでビットコインが使えるようになるなど着実に私達の生活に身近なものになりつつあります。

今回は、

・最近話題のビットコンとは何なのか。

・なぜこんなに注目されているのか

について、超初心者の方に向けて分かりやすく解説しますね。

ビットコインについて知識を付け、世の中の流れに遅れないようにしましょう!

ビットコインって何?

ビットコインとは仮想通貨の一つで、世界で一番最初に作られた仮想通貨であり、現在世界で一番普及している仮想通貨でもあります。

暗号通貨はビットコインの他にもイーサリアム、リップルなど沢山の種類があります。

仮想通貨って何?

仮想通貨は本当は暗号通貨っていうのが正解

仮想通貨の正式名称は「暗号通貨」です。

しかし仮想通貨という呼び方で先に世に広がってしまいました。

仮想通貨という言葉もまだまだ「何それ?」という状態の中、正式名称である「暗号通貨」という言葉を使用しても混乱を招くだけだということで、多くのメディアなどでは「仮想通貨」という表現がされています。

しかし正式には「暗号通貨」というので、ここからの説明は仮想通貨のことを「暗号通貨」と表現します。

暗号通貨はクオカードみたいなもの

暗号通貨は簡単にいってしまえばクオカードのようなものです。

クオカードはいうまでもなく円などと違い「国が認めたお金」ではないですよね。

でもコンビニなどにいけば、お金として利用することができます。

しかしクオカードをお金として認めていないお店では、利用することができません。

暗号通貨も同じで、暗号通貨をお金だと認めているお店や個人間でやりとりすることのできるお金です。

現在日本ではビックカメラ、コジマ、マルイをはじめ全国各地でビットコインで支払いができるお店が増えています。

ビットコインが使えるお店一覧はこちら

ビットコイン長者ってどういう仕組みで誕生したの?

暗号通貨の代表格といえばビットコインです。

このビットコインが一般的に世に広まったことで、最初にビットコインを購入していた人たちが億万長者となりました。

これはビットコインの価値が6年間で100万倍にもあがったからなんです。

もしビットコイン開発当初に1万円分のビットコインを所有していた場合、6年後に100億円にもなったのですから驚きです。

ではなぜビットコインの価値が100万倍もあがったのでしょうか?

暗号通貨の価値の決まり方は「金(GOLD)」と似ています

暗号通貨は開発時の段階で発行量が決まっているため、後から量を増やすことはできません。

いわば埋蔵量が決まっている金(GOLD)と一緒なのです。

そのためその暗号通貨を欲しいという人が増えれば増えるほど、価値が上がります

逆に誰もその暗号通貨を欲しがらなければ、何の価値もなくなります。

始めのうちはビットコイン自体の知名度も低ければ、利用できるお店なども少ないため欲しがる人は少ないですよね。

実際、ビットインは2010年最初の商取引では1ビットコイン1セント(1円弱)以下でした。

しかしビットコインが世界中で利用されるようになり、2017年にはビットコインの価値は最大150万倍にもなったのです。

このように暗号通貨は利用する人が増えれば増えるほど、その価値が上がっていきます。

そのため開発当初の価値のほとんどない状態でビットコインを所有していた人は、後に大富豪となったのです。

暗号通貨が世界中で広がり始めている理由

暗号通貨とは何かご理解頂けたでしょうか?

しかしなぜ暗号通貨がこんなに世に出回ったのか不思議に思われているかもしれません。

「別に今までの紙幣でいいじゃない」と。

実はこのように思うのは日本という超便利な国に住んでいるからなんです。

外国人にとっては暗号通貨は今までにない便利さを兼ね備えているため、世界中で暗号通貨の利用が広がっているのです。

では暗号通貨が外国の人にとってどのように便利なのかを説明していきますね。

国民みんなが口座を持っているのは日本くらい

日本ではお年寄りから赤ちゃんまで誰しもが銀行口座を持っていますが、このように国民一人一人が銀行口座を持っている国は世界中で日本くらいなんです。

口座を持っている人は世界平均でいうと45%

先進国であるアメリカでも約30%もの人がまともに口座を活用できていません

日本人からすれば会社からもらえる給料も、国からもらえる子ども手当も銀行振り込みが当たり前です。

また買い物をした際に銀行振り込みで支払うこともあるかと思います。

しかし口座が普及していない国からすると、それら「送金」という行為が当たり前のようにできません。

そんな時に暗号通貨ならスマートフォンで簡単に送金することができます。

(国によっては口座の普及率よりもスマートフォンの普及率の方が高い国もあります。)

そのため外国の人からすると暗号通貨は送金手段としてとても便利なのです。

送金手数料に5000円なんて国もある

日本では銀行振り込みで発生する手数料は数百円ですが、手数料がこれほどまでに安価な国は他にありません。

アメリカの場合ニューヨークからロサンゼルスにお金を送金する場合2000~3000円の手数料がかかります。

また国外にお金を送金する際は、国際送金といって更に高額な手数料がかかります。

暗号通貨は送金手数料がほとんどかからないので、送金手数料が高額な国にとっては暗号通貨で送金する方がお得なんです。

両替しなくていい

暗号通貨の場合、世界共通で使用できるため国が変わっても両替する必要がありません。

ヨーロッパの場合、国境を越えて通勤している人が沢山しますが、ヨーロッパにはEUに加盟しているものの独自の通貨を利用している国もあります。

もし普段ユーロを使用しているのに、お給料は他国の紙幣だった場合両替をしなくてはいけませんよね。

もちろんそうなれば両替手数料がかかります。

そのためヨーロッパでも、両替不要な暗号通貨が人気を集めているんです。

一瞬にして送金できる

暗号通貨は一瞬にして送金することができます。

日本の場合はお金を振り込んだ後、早ければ当日、遅くても翌日には送金先に届きますが、ニューヨークからロサンゼルスの例でいうと、お金が送金されるまで3~5日かかります。

そのため外国の人からすると、すぐに送金先へお金を送ることができる暗号通貨というのはとても便利なのです。

【ビットコインの買い方を画像付きで解説】全くの初心者も問題なし!

日本で暗号通貨が浸透しない理由

日本人には必要性が低い

世界中ですごい勢いで広がりを見せている暗号通貨ですが、なぜ日本ではなかなか浸透しないのかというと、日本人にとって暗号通貨は必要性が低いからです。

国民みんなが口座を持っていて、即日送金も可能、手数料もほとんどかからないのでわざわざ利用する必要性が感じられないですよね。

よく分からないものに対して「危ない。怪しい」という国民性

日本人の国民性としてよく分からないものに対して「危ない」「怪しい」と思うところがあり、その国民性も暗号通貨が普及しないひとつの理由になっています。

日本人は投資について知識がない人ほど「投資=借金地獄に落ちる」という極端なイメージを持っています。

しかしそのような人に「どうして投資で借金まみれになるの?」と聞いても「よく分からないけど、そんな気がする」とイメージで「危険だ」と思い込んでいる場合が多いのです。

このように日本人は自分がよく知らないもの対して「危険」「怪しい」という特徴があります。

暗号通貨も同じで、仕組みなどは知らないけどイメージで「危険だ」と思っている人が非常に多いのも普及しない理由の一つといえます。

貯金を美学とする文化

日本人はコツコツ働いて貯金することこそが美学という文化があります。

そのため投資でお金を増やすという考えをあまり歓迎しません。

日々のお給料をコツコツ貯金して100万円貯めたという人には「頑張ったね」と言っても、投資の勉強をして運用で100万円お金を増やした人に「頑張ったね」という人は少ないのではないでしょうか。

投資に対する偏見もあり暗号通貨で資産を増やすという考え方も広がりにくいのです。

 マウントゴックス事件に対する誤解

マウントゴックス事件により、日本人のビットコインに対するイメージは一気に悪くなりました。

この事件はマウントゴックスというビットコイン取引所の当時の社長が、ビットコインを横領して捕まったというものです。

この事件をきっかけに、

「ビットコインってやっぱり危なかったんだ」

という印象が強く残ってしまいました。

ただこの事件を冷静に見てみると、ビットコインが怪しくないことが分かります。

なぜなら事件の内容は「社長が取引所のコインを横領した」というものだからです。

もし日本のメガバンクの頭取が銀行のお金を横領していたとして、そのニュースを見た時に「日本円って危なかったんだ」と思うでしょうか?

頭取の横領と日本円の価値は全く関係のない話だと思いませんか?

ビットコインも一緒なのです。

ただ当時の社長が取引所のビットコインを横領しただけなので、「だからビットコインは怪しい」という解釈は間違っているのです。

しかし多くの日本国民は、このマウントゴックス事件によりビットコインは怪しいものだと思い込んでしまったのです。

日本でビットコインがなかなか普及しない一番の理由はこれかもしれません。

仮想通貨バブルに乗り遅れるな!

いまものすごい勢いで仮想通貨は普及しており仮想通貨バブルが起きています。

私は1ビットコイン10万円の時に購入しましたが、現在1ビットコイン50万円まで値上がりしています。

ビットコインは短期間で5倍も値上がりするくらいとてつもない勢いで広がっているんです。

日本に住んでいると仮想通貨バブルと言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、ビットコインの市場規模は「世界」です。

そのためあなたの周囲にいる日本人が「ビットコインなんて怪しいよ」と言っている言葉を真に受けて、のんびりしていると今起きている仮想通貨バブルに乗り遅れることになります。

ビットコインの利便性からみて、今後ビットコインが普及するか、衰退するかどちらの確立が高いか考えてみてください。

もしあなたが普及する確率の方が高いと感じたのであれば、少量だけでも購入しておく価値はあるのではないでしょうか。

ビットコイン取引所であるビットフライヤーなら0.01ビットコイン(29年9月8日時点5000円程度)から購入できます。

【ビットコインの買い方を画像付きで解説】全くの初心者も問題なし!

 

まとめ

何となく「怪しい」「危険」と思っていた仮想通貨が実際どのようなものが理解していただけたでしょうか?

日本にいるとビットコインの利便性に気づく機会というものがありませんが、世界中ではとても優れた通貨とされています。

今後日本でも普及することが予測されるのでニュースなどでチェックしておきましょう。

【ビットコインの買い方を画像付きで解説】全くの初心者も問題なし!

ビットコイン取引所って何が違うの?bitFlyarとcoincheckを徹底比較

【こちらの記事は多くの人に読まれています】

Pocket