Pocket

f:id:stellacafe7:20170806225813j:plain

ワクワクしながら出産準備をしている妊婦さん、ベビーカーの購入は出産後にした方がいいですよ。

私も初めての妊娠の時に張り切って5万円もする新型のベビーカーを購入したのですが、結局ほとんど使いませんでした(;^ω^)

ベビーカーなんて買わずにこの5万円をちがうところに使ったほうが良かったなという感じです。

ここでは私がベビーカーを購入したのに使わなかった理由と、どんな人にベビーカーが必要なのかという点についてまとめています。

これからベビーカーの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

 はじめての妊娠!はりきって新作ベビーカーを購入

長女を妊娠した時、嬉しくて早々に色んな育児用品を買いそろえました。

そしてベビーカーも「必要なもの」と思い込んでいたので、何の疑いもなく色んなベビーカーの情報を比較しては一番良さそうなものを探しました。

そして私が最終的に選んだのは某メーカーの新作ベビーカー。

価格は5万円で【衝撃を吸収するクッション】というのがセールスポイントでした。

そしていざ育児開始。

しかし5万円のベビーカーはほとんど使用しませんでした

次男に至っては2~3回しか使用していません。

正直「もっと安いベビーカーで十分だったな。むしろベビーカーって買わなくてよかったんじゃない?」と思いました。
【スポンサーリンク】


私がベビーカーを使わなかった6つの理由

なぜ私が張り切って購入したベビーカーをほとんど使用しなかったのか、その理由を説明します。

 スーパーでの買い物には向かない

スーパーで買い物する時はベビーカーは不便極まりないんです。

なぜならベビーカーを押していると、ベビーカーとお店のカートの両方を押さないといけない、もしくはカゴを自分で持たないといけないという状況になるからです。

たまにベビーカーの日除けカバーのところにカゴを乗せて買い物しているママを見かけますが、このカバーの耐久性ってどうなんだろう?カゴが重すぎてグチャってなったら危なすぎますよね(*_*;

だから私はその方法はしていません。

それにスーパーに行ったら赤ちゃんも乗せれるカートがあるので、そのカートを利用した方が買い物がスムーズなんです。

そのためスーパーに行くときにベビーカーを使うということはなくなりました。

エレベーターを探すのが苦痛

ベビーカーの場合エスカレーターが使えないので、エレベーターを探さなければいけません。

いざエレベーターだけでお出かけしようとすると、かなりの遠回りをしないといけないんですよ。

駅によったら「バリアフリーって何!?」と思うくらいエレベーターがやたら端っこの方に設置されていることもしょっちゅうです。

なので遠い場所にお出かけする時もベビーカーを避けるようになりました。

人混みで困る

ベビーカーで人混みの中を歩くのは非常に大変なんです。

周囲の人に迷惑がかかるだけでなく、自分自身も全然進めない。。。

常に「すみません。すみません。」と頭を下げながら歩くのも非常にストレスになります。

以前、ディズニーランドに行った際は荷物が多いという理由からベビーカーを持ち込んだのですが、ほとんどの時間ベビーカー置き場にベビーカーを置いたままで遊んでいました。

 子どもがベビーカーを嫌がる

生後5~6か月になってくると赤ちゃんも自分の感情を色々と出すようになります。

そのため娘も息子もベビーカーを嫌がるようになりました。

無理やりベビーカーに乗せようとしても、大泣きするのでベビーカーに乗せることがほぼなくなりました。
【スポンサーリンク】


抱っこヒモが便利すぎる

スーパーで買い物する時、遠くに出掛ける時にベビーカーは不便だと感じた私は、常に抱っこヒモを使用するようになっていました。

抱っこヒモなら抱っこしながらスーパーのカートを押してスムーズに買い物できますし、エスカレーターで移動することも可能です。

人混みだってすいすい前に進めます。

抱っこヒモを初めて使った時は「肩しんどっっ!」と思いましたが、肩のしんどさもすぐに慣れることができました。

また夏場の場合、抱っこヒモは赤ちゃんにとって暑いものだと思うのですが、エルゴの抱っこヒモは後ろにポケットがあるので、そのポケットにアイスノンを入れて体温調節をしました。(長時間の外出は無理ですが、短時間の外出ならアイスノンで対応できました!)

抱っこヒモでの移動に慣れると、ますますベビーカーを使わなくなります。

抱っこヒモ商品一覧をみる

 生後7か月目にB型のベビーカー購入

生後7~8か月ごろから赤ちゃんは一人で座れるようになります。

そうなるとB型のベビーカー(バギー)を使用できるようになります。

B型のベビーカーは西松屋などでは3000~4000円で売っているのですが、かなりコンパクトにたためて、かつ軽量なんです。

しかも使用する時も小回りがきくので、西松屋で3000円で購入したバギーの方が重宝しました。

私が5万円のベビーカーを使った用途って・・・

結局、私が買った5万円のベビーカーはほとんど私のカバンを運ぶためにしか使っていません。

しかも生後から7か月までという期間限定です。

ベビーカーの売りだった「衝撃を和らげるクッション」が吸収した衝撃は、私の5000円で購入したマザーズバックへの衝撃がほとんどです。

5万円も出して買う意味ってなかったなぁって感じですよね(;´Д`)

ベビーカーが必要な人ってどんな人?

私の経験上ではベビーカーは必要性を感じられませんでした。

ただベビーカーが必要な人もいると思うで、どのような人がベビーカーが必要か解説します。

赤ちゃんが抱っこヒモを嫌がる

私の子はベビーカーを嫌がりました。

だけど逆に抱っこヒモを嫌がってベビーカーに喜んで乗る子もいます。

そのため赤ちゃんが抱っこヒモを嫌がるという状況になった時に購入やレンタルを考慮した方が無駄な買い物を防ぐことができます。

日常生活は徒歩移動がメイン

車、自転車移動が主な人はベビーカーを使用する機会自体が少ないのですが、徒歩移動が主だという方はベビーカーの方が荷物もかけられるので便利です。

私も荷物が多い時は抱っこヒモで抱っこして、バギーに荷物を乗せて出かける時はあります。

肩こりがひどすぎて抱っこヒモが耐えられない

抱っこヒモは慣れるといっても肩はこります。

そのため肩こりがひどい人にとっては、長時間の抱っこヒモはかなりの負担になる場合があるので、そのような方はベビーカーも購入していた方が自分の負担を減らせます。

結論・ベビーカーは必要性を感じてから買ったので良い

ベビーカーの必要性はその人のライフスタイル、赤ちゃんの好みなどによって異なります。

そのため自分の生活に必要性を感じてから購入したので十分です。

また最初は機嫌よくベビーカーに乗ってくれていたけど、成長とともにベビーカーを嫌がるようになるという場合も多いので、レンタルするのも良いでしょう。

いずれにせよ出産前から早々と準備するのは避けた方が無難です。

ベビーカー商品一覧をみる

さいごに

ベビーカーは高価な買い物になるので、本当に必要なのか慎重に考えてみましょう。

スーパーでは買い物の際に不便ですし、お出かけの際にエレベーターを探すのも大変。

また赤ちゃんがベビーカーを嫌がる場合もあります。

そのような理由からベビーカーを使わなくなる可能性が高いので、出産後必要性を感じてから購入を検討する方がいいでしょう。
【スポンサーリンク】


Pocket