Pocket

まだ1歳にも満たない赤ちゃんが急に発熱したら心配でたまらないですよね。

多くのママが夜中でも「今すぐ病院に行った方がいいんじゃないか?」と慌ててしまうと思います。

ただ赤ちゃんの熱は急いで受診しなければいけない場合と、家で様子をみて大丈夫な場合があります。

ここでは早急に病院を受診する必要がある時はどのような時なのか、そして熱が出た時はどのように看病したらいいのかについて解説しています。

私は看護師としてNICUでも働いていた経験があるので安心して読んでいただけたらと思います。

赤ちゃんが発熱したらまず確認してほしいこと

赤ちゃんは【発熱した=風邪】というわけではありません。

そのためまずは以下の2点について確認してみてください。

赤ちゃんの平熱は高い

赤ちゃんは大人に比べて平熱が高いです。

36.5度~37.5度が平熱とされているので、37.5度前後の場合はとくに心配する必要はありません。

赤ちゃんは熱が上がりやすい

赤ちゃんはまだ体温のコントロールが上手ではないので、室温や着ている服によって体温が高くなる場合があります。

そのため室温が高すぎないか、着ている服が多すぎないか確認してみましょう。

そして赤ちゃんの手をあげて脇にこもった熱を逃がしてから、もう一度体温を測ってみましょう。

それで熱が下がっていれば問題ありません。

そのような場合は室温が高すぎた、または衣類が多すぎたことによって体に熱がこもっていただけということになりますので、室温や衣類を調整してあげてください。

体に熱がこもったことによる発熱は赤ちゃんには非常に多くみられるので、まずはこの確認をしてみましょう。

【スポンサーリンク】


以下のような場合はすぐに病院へ!

室温などによって熱がこもっていたわけではない場合で、かつ以下のような症状がみられる場合は急いで病院を受診してください。

・生後3か月未満である

生後3か月未満の赤ちゃんは免疫機能が未熟であり、とくに生後1か月以下の新生児にいたっては脳に病原菌が侵入しやすいため重症化しやすいという特徴があります。

そのため生後3か月未満の赤ちゃんの発熱はすぐに病院を受診しましょう。

また3か月以上の赤ちゃんでも、

・嘔吐を繰り返している

・ミルクを飲まない

・ぐったりしている

・けいれんしている

・おしっこが出ていない

・呼吸が苦しそう

・顔色が悪い

という症状がある場合は急いで受診しましょう。

夜間に赤ちゃんの発熱がみられた場合でも機嫌がよく、ミルクもしっかり飲めているならば翌日の病院が開くまで様子を見て大丈夫です。

もし判断に困ったら【こども救急】や【小児救急電話相談事業】を使いましょう。

こども救急は小児科学会が作ったサイトで、赤ちゃんの症状を入力すると受診すべきかどうか教えてくれます。

また小児救急電話相談事業といって#8000に電話すると小児科医師、看護師が電話対応してくれますので、自分で判断できない時や不安な時は活用しましょう。

子供救急

小児救急電話相談事業

【スポンサーリンク】


赤ちゃんの看病のポイント

赤ちゃんの看病をする時のポイントについて解説します。

体温管理をしてあげよう

赤ちゃんは体温の調節がもともと上手ではないので、大人が体温調整してあげる必要があります。

まず熱が上がっている最中の時は温めてあげましょう。

熱が上がり始めると人の体は手足が冷たくなり、震えがみられる場合もあります。

そのような時は、現時点で熱があっても冷やすと不快に感じるので温めてあげてください。

そして熱がしっかり上がりきると今度は体全体が熱くなるので、そうなったら掛け物や服を減らして熱を発散できるようにしてあげてください。

また保冷剤などで体を冷やすのも、体温が上がりきってからになります。

体温が上がりきってから小さな保冷剤をタオルで包み、それを赤ちゃんのわきや足の付け根にあててあげると解熱効果が得られます。(保冷剤をあてていた直後に体温を測ると正しく計測できないので、体温測定用に脇は保冷剤をあてずそのままにしておきましょう。)

保冷剤の代わりに冷えピタを首、わき、足の付け根に貼ってもかまいません。

またおでこに冷えピタを貼る際は注意してください。

というのも、赤ちゃんが自分で冷えピタを外して口の中に入れたりする危険性があります。

そのためおでこに冷えピタを貼る場合は、大人の目の届く時間のみにしておきましょう。

こまめに水分補給を

発熱時はこまめに水分摂取させてください。

発熱時は汗などの不感蒸泄が増えるので脱水になりやすくなります。

水分に関してはお茶や赤ちゃん用イオン飲料などにこだわる必要はなく、ミルクや母乳でもかまいません。

もし水分摂取が難しい場合は点滴が必要になる場合があるので、病院を受診してくださいね。

薬は医師に処方されたものを使おう

解熱剤等の薬は自己判断で飲ませず、病院で処方されたものを使用するようにしましょう。

ドラッグストアには小児用の薬も売っていますが、親の自己判断による内服が思わぬ事故につながる場合があります。

大人が誤って子供に大人用のバファリンを飲ませてしまい、子供がショックを起こしたという事故が意外と多いんです。

これは大人用のバファリンに入っているアスピリンという成分が原因です。

アスピリンは子供が摂取すると中毒を起こしてしまうんです。

もちろん子供用の解熱剤にはこのような成分は含まれていません。

ただ自己判断で常備薬を子供に与えるのが日常化すると、ある日うっかり間違えて大人用の解熱剤を飲ませてしまうというリスクも出てきます。

そのため自己判断で薬を飲ますということは避け、病院で処方された薬のみを使用するというのを徹底しているほうが安全と考えます。

私も私自身は市販薬を使用する時もありますが、子供には病院で処方された薬しか飲ませていません。

【スポンサーリンク】


解熱剤を使用するタイミング

赤ちゃんに熱があるからといって解熱剤は使用しないといけないというものではありません。

熱が上がるのは体が体内に入ったウイルスや細菌をやっつけようとしているからです。

そのため無理に熱を下げるとウイルスをやっつける力も半減してしまいます。

そのため本人が元気にしているなら解熱剤は使用せずに自然に熱が下がるのを待ちましょう。

解熱剤を使用するのは、赤ちゃんがグズグズいって休めていない時やぐったりしてしんどそうな時です。

そのような時は熱を下げることで苦痛を和らげ、安静を保てるようにしてあげましょう。

また解熱剤は熱がしっかり上がりきってから使うことで、効果的な解熱作用を得られます。

そのため手足が冷たい間は解熱剤は使用せず、しっかりと熱があがりきってから使用しましょう。

子供が薬を飲まない時のコツはコレ!薬を飲む確率がグッと高まります 

さいごに

赤ちゃんに急な発熱がみられるととても心配になると思いますが、まずは落ち着いて赤ちゃんの様子を観察しましょう。

赤ちゃんの状態によって急いで受診するべきなのか、翌朝まで待っていいのか異なります。

もし不安な時は#8000に電話をかけてみましょう。

【関連記事】

幼児の発熱時に注意したい7つのポイント!受診、解熱剤の目安とは?

 

【こちらの記事は多くの人に読まれています】



【スポンサーリンク】


Pocket